ヤバT@高崎

何となくなんかあったらアレだよなという最近の空気から2週間前のネタで、2/19にヤバイTシャツ屋さんの高崎公演に行ってきました。

ちょっとした旅行すね。普通なら「今日はライブでした〜😃」みたいな投稿やら何やらするんでしょうけど、、、このご時世、色々あれなんでしばし漬けておいた方が良いような気がしてこの時間差です。

相変わらずの自粛な中のライブなので指定席。発声ダメ、モッシュダメ、ダイブダメ。ダメダメです。タンクトップ、じゃなくてパンクロックでこれは中々どうして…ですが、いい加減慣れてきてしまいました。

観戦スタイルはともかくやっぱり楽しめました。何回かヤバTを観てきましたが派手にダメだったなって言うライブに遭遇しておらず、安定して楽しめて良いです。それなりにやってきているのに新鮮な「バンドが楽しい」をここまで出せるのは羨ましい。

…それにしても前のスタイルに戻る日は本当に来るんでしょうか?来て欲しいですけど。やっぱりこういうバンドの真髄はぐちゃぐちゃになって騒いでナンボです。

まあそんな日がいつか来るとしても、それは半年後かもしれないし数年後かもしれないし来ないかもしれないし、誰にもわかりません。ただ、ほんと、この筋のどのバンドもファンも凄いと思います。

みんな守る。ルール全部。どうにも社会からはみ出てそうな風貌の人もみんな守る。本当ならモッシュピットでドツキあっていたであろうパンクスも守る。

それも皆、自分のためというよりみんなの為だから凄い。1人のバカで全部台無しになるって分かってるから。「これだからライブなんかに行く奴は!とは絶対言わせないからな」という感じです。

何度でも言いますけど、今どきのこういうイベントの対策と比べたら絶対に通勤電車の方がやばいです。個人的な考えにはなりますが、電車の場合はいつどの車両のどこにいたかという経路の特定が不可能て足がつかないから、これまで感染源とされてない訳で実際は相当ダメでしょ、と思います。

世間の意識もいい加減緩んできてるのか、電車内でガバガバな付け方のマスクで結構なお喋りされる方とかも普通に見かけるようになってきてますし、、、

なにより前ひっさびさに満員電車乗ったらメチャクチャ思い出しましたよ。パンクなバンドの前列あたりの密集感。「あー懐かしいー、これこれ、こういうのあったよなー」とか思いましたもん。どうなんでしょうね?こういうの。

とりあえず高崎っていうとハラダのラスク。もはや上州銘菓らしいw
なんか凄い久々におぎのやの釜飯食べました
恐ろしい近さ。すごい。やばい。
高崎の文化に対する気合の入れ方は割とガチ
高崎ではないけど世界遺産、富岡製糸場
歴史的な功績と今日まで残されてたという貴重さで世界遺産となりましたが、同じ敷地内にある貴重なはずの民営化後の社宅をみた時はぶっちゃけ大宮南銀座の裏通り辺りに沢山ありそうと思いましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA