最近のトレーニング事情?

やれメディオだソリオだタバタだSSTだと色々出てくるトレーニング方法。
ちょい前からはCarsonとかRattlesnake(ガラガラヘビ?)とかを目にするようになりました。ポラライズドトレーニングというのも話でよく目にします。
最近はタバタの時のようなノリと雰囲気が違って、「そこまで苦労しないでも効果的」という「このサプリを飲むだけで痩せる」みたいな売り文句が多(ry
まあ、高効率で良いのならそれが一番ですね。

最近耳にするようになったナウなトレーニング。今更ですがちょっと覗いてみました。
やらずにスルーはせず、少しはかじってから嫌なら辞めようとw

まず、なんなん?それ?と言うところからスタートですが要するにCarsonはSST、ガラガラヘビは短めのインターバルってことでOK?
Carsonではなくて普通のSST(Zwift謹製だとShortやMed)、ガラガラヘビはクリスクロスやバースト系なインターバルではだめなんでしょうか?
と色々疑問はありますが、まあ流行っているということはきっと良いワークアウトなのでしょう。

Rattlesnake

内容を見たら前から自分で似たようなことを普段からやってるじゃん、ということで自分的には終了です。
短時間高強度のしんどさはありますが細かいレストを挟むおかげで、死にはしないので大して失敗しないのが良いところです。
ただ高強度と言っても効果を出すならもう少し長めのインターバルをやった方が良いよなあと思ったり。ただ、L5上にギアを入れることへの抵抗感はかなり薄まる気がします。ペッとね。うそです。L5上がキツイのは変わりないです。

Carson

かたやCarsonの方は、細切れにL4を積む感じで10分未満の塊で僅かなレストを挟み出力を変えつつ結果SST程度の強度となるようで。
そんなやり方をしたことが無かったのでTRお試し期間でやってみました。
簡単そうで楽そうだけど続けて見るとそれなりに疲れて良い運動したなって感じになります。

ただ、微妙な出力と時間の違いがどう効果に繋がるのかちょっと分かりませんでした。
何よりこれ、今のパワメと固定ローラーという環境では厳しい。出力を制御してくれるスマトレのERGモードでやらないと意味ないのではと思いました。
ああ、スマトレ買うかw

というのは冗談で、結局TRお試し期間中に辞めてしまったのでその後はやってません。
Zwift謹製に+αしたいじめSST(SSTの上限側で40分固定。大体30分程度で心が折れますwって、それをSSTと言って良いのか?多分だめ。)をやってりゃ良いかと。

これもガラガラヘビも敢えて熱心にやるほどではないかなという感触です。
ただ、まあ、独学より大量のデータに基づいたノウハウを元にした練習をした方が良いはずで、それなりに信用できるワークアウトだとは思いますが。
てか、こればっかりやるもんでもない気がしました。色々やる中の一つ、という意味では良いって感じです。

ポラライズドトレーニング

もう一つ話題だったのはポラライズドトレーニング。プロが実際にやって効果が出てるようだ、という話です。
内容としてはざっくり「L3/L4辺り(SST)は無し、L2を8割&L5超を2割の配分がイイ!」という事のようですがSSTもL4も要らねえとは男らしいです。

これだけみるとインターバルやってればOK?という雰囲気です。8割手を抜いて力が付くとか魅力の塊すぎます。
短くL5を多めに詰んでトータルの20%をL5超となるようにして、従来L3/L4で頑張ってた分は手を抜いてレスト強度に充てられるとなると、この方式は無理ない感じで遂行できるような気がします。

なお、今年初めからこれまでの自分のデータをまとめると以下でした。
L2以下 26.9%
L3/L4 47.4%
L5超 25.7%

88時間も全力でゼェゼェ言ってたのか(驚愕

すでにL5超が2割超えています。ローラーに偏重すると低強度が減るんですよね。そこそこのアップをしたらワークアウトとなるので。
もっとサボれってことでしょうか。うーん?
うがった見方をする訳じゃないですけど、これってプロとかガチの人が移動などで低強度だった分も含めての集計で、結果的に「L2が8割&L5が2割だった」だけなのでは?
とか思ってみたり。

ともかくすでに欲しい高強度のボリュームは満たしていて、とりあえず本来言われるポラライズドよりきつい内容の中で破綻することなく続けられているわけだから、このままで良いかな?などと感じています。敢えて質を落としてまでやることは無いかなあということでこちらは手を出さず終了と。
しかしまともにTRでワークアウトを組んだりするとやっぱり主流なこういう感じのメニューになるんだろか。・・・退屈そうですが・・・わからんですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください