Cyclosphere終了とログサルベージ地獄

しばらくマジでネタと時間が無くて放置でした。
季節も良くなってきたし何とか宣言も終了したので外走りの準備だけはしてますが、忙しくて外をまとめて走る時間を取れず。
一応、日課状態のローラーは継続していて、なんとなくの流れでローラーシーズンだけ本格化。朝夕ローラー2部構成&とりあえず目についたレースか短時間のワークアウトに終始しています。
こんなんなので特別にブログ書くようなトピックが無い状況です。
と思ったらそういえば、先日Pioneerよりお知らせがありました。
Pioneer撤退の時から予告されていたが何となくでそのままだった、ペダリングモニターに付随したウェブサービスのCyclosphere終了です。

一応、お知らせを見る限り5月末?くらいにシマノのサービスに移行するそうです。
シマノのウェブサービス・・・とりあえず色々想う事はおいといて、個人的に肝心なのはワークアウト終了後にCA600からWi-fiでウェブへアップという流れが継続してくれるかどうか。
今のところベクトルや効率の値がないAssiomaでも余り困っていないので、このサイコンとウェブ連携の利便さが無くなったらCA600&シマノのサービスを使用する意味があるのかという感じです。
サイコンもウェブサービスも別に探した方が良いんじゃないかと思ってしまいます。GARMINに戻るとか。

今のところ運用が続くCyclosphereですが、サービス終了のお知らせに「これまでのログは消失するのでバックアップ宜しく」という事をシレっと書いていました。
「終了したサービスのデータをいつまでも管理するわけねえだろ」という至極当然のことですので文句はないです。覚悟してました。

いずれにしても2016年から積もり積もったログをサルベージしないといけません。
で、Cyclosphereからfitファイルをダウンロードしようとしたところ、、、

「ログリストを手動で一つずつチェックしないといけない&1回につきダウンロードできる上限は50個」
という、中々ファンキーな仕様じゃないですか。
50個のログを落としたら、次の50個のログにマウスでカチカチとチェックをつけて、またダウンロード・・・
「すべて選択」でバーっと全ログにチェックを付けてくれて、どさっとZipにでもまとめてダウンロードしてくれると思っていたのですが、まさかの完全手動方式w

2016年3月から今まででログは1820個ありましたので、カチカチとチェックを付けてはダウンロードして、チェックを付けては、、、を繰り返しました。
サービス終了直前になってから「あ、いっけね。忘れてた。ログ、ダウンロードしよう」と何も知らずにサルベージ開始、そして地獄を見る、という流れにならなくてよかったです。

Cyclosphereを母艦にしてガッツリとデータを入れてる人は、この辺り割と冗談抜きで真面目に早めに対処した方が良いです。
あと「ペダリングモニターやサイコンのアップデートもCyclosphere(関連App含む)が終了する前に対応しておかないとダメ」という、これまた結構肝心な情報もシレっと書かれているので、こちらも忘れずに対応しないといけません。

「サービス終わればすべて無しよ」
というのは今回の件に限らず、オンラインゲームからブログ等様々なウェブサービスがそうですし、言ってしまえば家電だって同じです。買った家電メーカーが潰れたらその後のサービスがどうなるか保証はないです。何だってそういうガチャみたいなもんだから、運とか覚悟をしておく必要があると言えばそこまでです。
頭では仕方ないものと分かってはいますが、ペダリングモニターって初期投資に相当額の諭吉さんを突っ込んでいる訳でモヤモヤというか、、、
まあはっきり言ってパイオニアの事業切り捨てからの顛末はクソ(直球

こうクソなどと言ってますが、それは今の状況を見ての感想に過ぎません。
今後の展開次第で手の平クルーする準備は万端ですので、シマノの新しいサービスが素晴らしいものになることを期待しています。不安はかなりありますが。
いやだって、メカについては世界最高峰のレベルにあると思いますが、ソフト面で真っ先に思い浮かぶのはフライトデッk(ry

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください