緊急事態宣言の解除とモチベーションの低下

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言発出中は外トレーニングを自粛していました。
階下への騒音問題も発生していないことが確認されたので昨年後半に再開以降、ひたすらもくもくとZwiftです。元々嫌いじゃないので継続はしていますがボリュームは以前のようにはできないなと思ったりします。これはそもそものモチベーションの問題なのかもしれませんが。

外でのトレーニング自粛、と言っても自分の場合はどこにも寄らずソロで走り回っているので感染リスクは皆無なのですが、問題は万が一の事故などで救急搬送などとなった場合に医療体制が不安というところでした。
何かあればココ、という近場の基幹病院が年末年始に国内最大級なクラスター発生でダウンしていたというのもあり、救急車対応になってもたらい回しが濃厚。
なにより「外で遊びでチャリで事故って救急車」とか「ナントカ警察」に抹殺されてしまいかねません。

そんな事もあって、今冬は引きこもりに戻っていましたがいよいよ宣言も解除、病院も元の状況に戻りつつあるらしいということで「外行くか!」っていう感じなのですが・・・
未だにZwiftに引きこもってます。
いつの間にやら彩湖で夜にレースまがいの集団走行で事故があったようで何だか近辺を取り巻く雰囲気もイマイチ良くなさそう。
特に「集団」「夜」というワードがまずいですよね。自分も日が出る前にウロウロしているのでちょっと看過できません。

もう少し日が出るのが早くなってきたら再開かなと思ってます。

が、そもそもですがまた第4波とかいって引きこもらざるを得なくなりそうで今から暗澹たる気分です。
大体2020年散々騒ぎに振り回されて結局目的もなく練習をしているうちに、ロードイベントに対してどうでも良くなってきた感が大きくなってきました。

心身の健康を考えて運動というので一番身近でもある自転車はもちろん続けていきますが「もうイベント参加とかどうでも良くね?」「趣味に大金払うだけならまだしも、事故で怪我や機材破壊のリスクを覚悟でレースってどうなの?一部の上位陣を除いて大半の凡脚な我々にはハイすぎるリスク&ローリターン確定だよなあ」という思いが強くなってきました。

コロナ禍でどの業界も冷え冷えなので趣味の界隈に協力してお金も落としてなんぼ、とは思うも…いかんですね。それにつけてロード界隈の端に一応身を置く立場としては、いまの国内トップリーグが割れて平行して開催されていく様とか、もう違う意味で冷え冷えです。何であんなことになってるんですかね?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください