Zwift race

Zwiftでまともにレースイベントが始まった黎明期な頃は人も少なかったのでカテゴリAでも表彰台圏内がたまにありました。数回は優勝もしました。しかしZwift人口が増えるとカテゴリAは魑魅魍魎だらけになり、上位どころか集団に食らいつくのも限界に。
カテゴリBにエントリーすれば良いと思うも、何やかんやで出力4倍は超えているので、そうなると規定上カテゴリAの枠内なのでカテゴリBに入るのはZwiftPowerさんが許さずとなります。チート云々は除いて、正直敵う気がしないので凹みます。ゲームとはいえこの辺りがリアルにされるとしんどいですねw

魑魅魍魎の祭りになって来てからしばらくはZwiftPowerさんなんかどうでも良いので、まともにレースを走れるカテゴリBに、と思って参戦していましたが、、、徐々にカテゴリBも3倍300Wとか意味の分からない連中が多くなってきて、結局こちらは引き摺り回されて4倍を超えてしまい、着に絡むことすらできない上に、やっぱりZwiftPowerさんには怒られる始末。
こうなるともうどうでも良いからカテゴリA行くわ、ってことでこのところはずっとカテゴリAです。まあ、正しいカテゴリなんですけどね・・・一応。

結果この地獄。

ほぼ毎回、カテゴリ内でビリから数えた方が早い始末です。
それなりの上位に絡むには?というコツは何となくわかるんですが、それをやれって言われたらできませんw
どうせ実践できないので説得力皆無ですが「これが実践できたらいい感じだろうな」というのがこちら。

・結局のところアベレージより瞬発力。
・インターバルがかかりがちな坂は一番危険なので長さ次第で5~7倍を維持。
・集団内は基本手抜き。
・千切れないよう集団中盤をキープ。後ろ過ぎると分断した時にフォローで無駄足を使う羽目になり危険。
・飛び出す奴がいてもまずは様子見。
・飛び出しに多くの人が反応してブリッジし始めそうだったら素早く同調。
・インターバルがかかっても先頭を飛び出さない程度で留める。
・最後まで集団に残れたらゴールスプリント。10倍じゃまず足りない。15倍以上?

「トレーニングみたいに中強度を平らに維持するのではなく、メリハリをつけて走るのが大事なんだよなあ」とは思うも、基本的に大出力を一気に出すのが無理なので勝ち目がないです。
分かってはいるのですが。

てか、実績もないのに偉そうに言ってもダメすね。これは。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください