Prime Black Edition 38

普段履きとしてPrime Black Edition 38mmを投入して何度も実走してだいぶ慣れてきました。
WTO45と1cmも差がないってことになるので大きな違いはないだろうと思っていましたが案外違うなというのが今の印象。

比較対象をBORA WTO45としています。

・巡航は弱い?単独ほぼ無風・ほぼ平坦を1時間4倍超で巡航してもAVG35km行かないのはちょっとどうなの?と思ったり。
・向かい風に弱い気がする
・チューブレスにしているが割と空気抜けが無く、タイヤ組付け時にビードも上がりやすかったので優秀な感じ
・ダンシングや坂で軽く振れる(多分リムハイトの違い?)
・見た目が弱い

あとは、がっつりブレーキを掛けたことが無いので分かりませんが、レースペースでグイグイブレーキを掛ける場合、WTOなんかのAC3加工のブレーキ面に比べると弱そうだなあという印象です。
値段を考えると国内相場のWTOの何分の一で買えるのでお得だと思います。普段使いでは問題ないと思います。

なお、結局は中華なので精度や送られてきた時の状態はギャンブルです。自分のは仕上がりに不満もなく割と当たりっぽかったなと思います。
逆にBORAとか某Mを海外通販する方が怖いなーと個人的には思いますが、そこら辺は値段と天秤にかけてって感じですね。
うちのWTO45は国内ショップでフルメンテされた物を買いました。組みっぱなしのBORAとかって色々アレらしいので、せっかく主力のホイールなんだからと正規のルートで買いました。
でももう、あんな高いのは買わないだろうなーと思ったりw

見た目地味。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください