深夜ライドとカメラ

3時台に起きて弁当作りとつまみ食いをしてから4時~4時40分頃が出発時間で朝ライドしていますが、最近は5時半になってようやく日が出てくるくらいなので、走行の大半が暗闇です。
一気に季節が進んで寒さが強くなり、日が出て来ても霧が出たりと中々これまでのようなライドが難しそうです。

ただでさえ寒い上に速度のノリも悪いですね。大して風の影響がなくても同出力で数十秒落ちてます。
ちょっと乗り気になれないなあと。ローラーよりは楽しいですからいいんですが。

それより、つい先日まですぐに日が出て暑さがやばかったのに、今は全く日光を浴びれず寒いままライドが終わる感じです。展開早すぎです。
そろそろ防寒装備も考えないといけないなというところですが、それよりいよいよ深夜ライド中心になったことでカメラがただの重しになってきました。

元々大したもの撮ってないので既に重しみたいなものですが。
深夜で何か撮るとなると、高ISO低ノイズなカメラに大口径で明るいレンズという、普通に自転車じゃなく持ち歩きでも億劫になるレベルのものが必要になります。

中秋の名月?トリミング済み。
D850に200mmをぶち込むと手持ちでもここまで行けますが、2.5kgあるので自転車で走ってるとき使うとか普通に無理。
おなじみ?戸田ボートレース場。
TG-6でも夜明けは撮れますがこれぐらいが限度?
夏だとだいぶ明るくなってくるはずの5時半過ぎも、今ではまだ夜明けで割と寒いですね。

D850は非現実的とはいえTG-6なら自転車のお供に良い感じです。
本当はフルプレススナップショットなどで便利なGR3の方がもっと良いのですがあれは防水が無いのでちょっと。
コンデジ程度だと利便性など別の要素を考慮した場合スマホで十分だと思います。ただ、やっぱりスマホの写真ってじっくり見ると塗り絵感があるんですよね。
ここは流石にスマホの方がデジタル処理としては優秀でも、物理的な素材の都合からコンデジの方が有利なのかなあ?と思いました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください