投げ売りPrimeホイール再び

かなり前ですが某所でPrimeのBlackEditionなるローハイトでカーボンなホイールが投げ売りしていたのをポチっていました。
チューブレスレディで比較的軽いということで普段使い的に良いかな?という事で入手していたのですが、そもそも普段外に出なかったので死蔵状態でした。

外走りが多い今もこれまでほぼカンパWTOでした。季節が変わってきたためか朝の北風が強めになってきていて、空力が良いとはいえリムが高めのWTOだと風にあおられた時に割と怖いです。
そこで今こそリム高低めのPrimeの出番だ、ということで久々に引っ張り出しました。

長いこと死蔵していたのでややタイヤサイドの劣化がみられましたがエア抜けは特になく優秀。(めちゃ適当にリムテープ代わりにカプトンテープ巻いただけのに・・・)
多分シーラントは腐ってると思いますが恐いので調べませんw

とりあえずタイヤは大丈夫そうだと分かったので数日彩湖で改めて使ってみました。
クソ鈍感な自分でも流石にずっとカンパで外走りしていたので違いはあるなと感じました。サドルがずり下がってもしばらく気付かなかった去年からは凄い成長だ、自分。

以下、そんな胡散臭い乗り手の感想。

良かったところ
・疲れた足でも登りでたいしてタレずに進めた。登坂力は割と良いか
・カンパ比でブレーキの音もリムの摩耗も気にならない感じでグイグイかけられる(値段的にもw)

悪かったところ
・35超えるとなんかきつい?頑張らないと一気に落ちる感じなので追い風でも40維持とかは疲れる
・ブレーキはなめらかだけど制動力自体はあまり良くないので雨の日は要注意か
・AEROADの見た目が寂しくなるw

エアロロードにリム低めは寂しいですねw
海外通販で投げ売り価格になったレーシングゼロよりも安くミドルレンジのアルミ同等程度だったので「お財布を傷めない」「使い倒せる」「それなりの耐久性」という普段使いで要求される点は耐久性以外は及第点です。
平日彩湖位ならこれで走ろうかな。

でもホイールの違いが多少分かる人になれたので色々試したいですね。手持ちの登り専用レベルの軽いチューブラーとか今使ったら違うんだろうなと。
あとWTO33も試してみたいですね。

あ、抜けたはずの沼が目の前に。

フレやセンターずれは無くて割と買いっぱなしのまま使えてるという。海外通販した場合の某Mとか・・・おっと
ちょっと寂しい見た目に

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください