メット選び

自転車用ヘルメットですが、耐用年数は3年とメーカーがうたっています。確かオートバイ用もそんなこと言っていたような。
これは無事故、無衝撃でも内部劣化がどうこうという理由で本来の安全性能が得られなくなるとか何とか。
ヘルメット内部は汗やら脂やら汚れやらダメージになりそうなものが多いので、例え衝撃を受けなくても酷使された場合は3年以上も安全を担保なんかできない(したくない)とうたう気持ちも分かります。

一方、今でこそ出番が高頻度となったものの、これまで月1回被るかどうか、という自分のような人間でも同じく3年でダメなの?というと正直疑問だったりします。
今のOGK AERO R1、買って3年経過しましたが何も問題ないように見えますし。
ぶっちゃけ使えそうですし、ヘルメットメーカーの買い替え需要喚起に過ぎないのかもしれませんが、もしも万が一があった場合に「そりゃあアンタ3年以上使ったメットじゃダメっすわwww」とか言われるのは癪なので、「3年寿命説は100%買い替え需要喚起に過ぎなくて安全面で問題なし」と言い切ってくれない限り3年くらいで買い替えたいと思っています。メーカーの策にハマってる?

何かトラブルがなければ3年は買い替えないので、ヘルメット遍歴としては大したことないのですが、辿るとOGKの安いやつ、KASK MOJITO、GIRO AIR ATTACK、LAS VICTORY、OGK AERO R1という感じでした。

OGKの安いやつ⇒適当にとりあえずで買ったやつ。重い、もっさりで早めに買い替え。キノコ。
KASK MOJITO⇒軽い、キノコにならないと評判を受けて購入。軽さは良かったけどキノコ。事故で破損して終了。終盤臭いがアレだった。これ他メーカーでは余り気になることが起きないので品質に何かが?
GIRO AIR ATTACK⇒投げ売りしていて購入。頭の形にイマイチ合わず、激しくキノコなので試しで付けた程度で放流。
LAS VICTORY⇒あまり軽さは売りになってなかったが被り心地とキノコにならないと評判を受けて購入。被り心地は良かったけどキノコ。何となく使えているのでいまだ手元に。
OGK AERO R1⇒現在使用中のみんな大好きR1。キノコにならないという評。割とキノコ。

今のところR1が一番気に入ってます。
理由としてはシールド付きなのが大きいです。
裸眼で道を歩けないレベルの近視のため眼鏡かコンタクト必須なのですが、毎日コンタクトを付けるのがなんと面倒か、ということで日常では眼鏡を常用しています。
イベント事でもあればともかく日常のライドでわざわざコンタクトを使うのもどうよ?という感じですが、眼鏡で走ると日差しがきつかったりや虫など飛来物へのガードが甘いといった難点があります。
コンタクト&サングラスがやっぱりベスト。
しかし面倒、ということで眼鏡でもメットにシールドがあるタイプならシールドで日差しもよけられて虫などもガードできます。
ここら辺がR1で一番のポイント。

本来はエアロヘルメットのシールドなので空力的にどう?といった話につながるべきですが、そんなのはあまり気にしたことが無く、圧倒的にサングラスやコンタクトの手間が大きく省けるのが熱いという点につきます。

ということで話しは戻って後継のメットもシールドが付けられるやつが良いなと。
R1の他にはV1、あと何かあったような。OGKにこだわらなければまだありますがアジアンヘッドなので間違いなくアジアンフィットなOGKが一番の候補となります。
フラッグシップとしてデビューしたIZANAGIも気になります。
ただ、シールドはつかないのでV1が候補になるけど無駄にやや重い?やっぱりR1買いなおし?
またはR1CVというエアロなシェルが付けられるタイプも良さそう?
CVというのはエアロシェルが付くだけなので、単体で買えば良いっちゃ良いんですが気になります。あれ、雨防ぐのに良さそう(またも本来の用途と違うw)。

なお世間で好評なIZANAGIですが、試着したら割とキノコ感があったので見送りました。
R1もキノコ感あるので大差ないですが。

・・・そろそろお気づきかと思いますが軒並みどのメットでもキノコ感があります。
早い話頭がデカい。メットもデカくなる。キノコになる。
キノコにならないと評判なメットってありますけど、アタマ小さ目の人でメットサイズがS/Mあたりで使って評価するからキノコにならないんじゃないかと。多分。
アジアンのLサイズアタマがキノコ回避したいと言っても諦めろということですかね。多分。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください