コスト試算

引き続き天気ネタですが、秋冬の気候を考えてローラーについて思案中です。
室内でのローラー置き場は何とかなりそうな雰囲気なので、あとはローラー再開に関わるコストを試算してみました。
車体自体はそのままHeliumさん投入が前提なのも気になりますがもはや仕方あるまいと。

1)スマトレ導入
スマトレ導入は間違いなく一番金のかかる状況です。
一番の候補はWahooのKickr または Kickr Core。仕様的にはCoreで十分なのでCore前提とするとざっくり124,000円程度。
スマトレ導入する即ちZwiftやる?ということで考えるとClimbも視野に入れることになり、ざっくり計20万円。
Zwiftは月額1,650円なので、ざっくり年2万円。
⇒計20万円+2万/年
メリット:今以上の静音性、より充実したZwift環境、若干省スペース化。
デメリット:耐久性への不安、イニシャルコスト&ランニングコスト。

2)GT-Roller使いまわし1
見た目がかなり劣化してアレですが、機構的にはまるで問題なさそうな半固定のGT-Rollerを再利用するとした場合、機材的には余計な出費無し。
Zwiftは月額1,650円なので、ざっくり年2万円。
 ⇒2万/年
基本、今までと変わらずですが、配置換えした室内においてこのローラーの張り出した前足は処理がかなり厄介そうです。全長90cmあるので。
メリット:低コスト。
デメリット:設置場所、スペースの取り方が厄介

3)GT-Roller使いまわし2
(2)と同じですが、Zwiftを使わないという選択肢。
年2万もケチる、もとい、メインが外走りで外を走れない応急措置がローラーという位置付けにすると、わざわざ利用頻度が低くなるであろうZwiftには課金せず、ただローラーだけすればいいんじゃないか?ということ。今となっては修行感が凄そう。
メリット:ノーコスト。
デメリット:今更Zwift無しでローラーとか猛烈に飽きそう

4)外走りに徹し、ローラーしない。
話題の前提から破綻ですが、そもそもローラーに戻らないという発想。
コストも手間もかからないので良いですねw

と思ったんですが、悪天候でも何でも今はAEROADにカンパWTOという全力セットなので、リムやパッドの消耗が気になります。
⇒アルミホイール欲しいすね
 ⇒練習用フレームを調達するのも悪くないすね
あ、某所でお安くFulcrumが、、、もしアルミフレームで組んだら、、、簡易的で良いのでパワメが欲しい、、、
更にはウェアも一層の充実が必要で、最低限として暖かいビブタイツ&バラクラバ的なもの&グローブを2セットが欲しい。

この方向性は別の意味(物欲)で危ない・・・。

ローラーガッツリの以前のスタイルに戻るなら(1)で良いんですが隙あらば外に出るというスタンスで本気で臨むなら(2)(3)が無難です。まずは現状あるものでやってみようかと思っていますが。
でも、なんやかんや言ってKickr楽しそうなんですよね。
でも、そのために20万はなー。
でも、今更ローラーガッツリな以前のスタイルに戻るってのはな―。
でも、なんやかんや言ってKickr(以降無限ループ)

かなり前、ローラー初期の設置状況。これで良かったの!?
と、今見ると驚きな簡素なセットとにじみ出るライトユーザーっぷり。当時はメインバイク一台のみなので、車体だけはガチですね。
そうそう、人間、Zwiftが無くても生きていけたのだ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください