土砂降りライド

今朝もいつものノリで3時半に起きてお弁当*2を作って支度して。4時過ぎには外に出る準備も完了。支度が早くなってきた気がします。
今日はだるいけど6周くらい行くかなと思いつつドアを開けたら、濡れた路面。
テンション低めの朝に加えて心が折れそうでしたが、ローラーでの苦行よりは楽しいだろう?雨が降っても濡れるだけ、と意を決してライトを点け・・・点かない。
あー、昨日ライド後に消し忘れて放置してしまったらしい。代わりの古いライトも電池切れ。

予備バッテリーを探して時間を無駄にし、結局折れた心のまま仕切り直して出発。
路面はところどころで酷い水たまりが多数あり、通り雨があったかという感じでビシャビシャ。ストレート区間での3分程度の5倍も維持できず。着いた彩湖周辺も半分がビシャビシャで半分が完全ドライという不思議な状況。
4周もやる時間はないと分かっていたのに周を重ねるごとに割とマシな足の感触になってきたので無理に4周してしまいつつ終了。出力平均がかなり低いのにタイムはそこそこ。

しかし復路に着いて自宅に近づいたところで、バチバチという音と立てる降雨。まもなく前が見えなくなるような土砂降り。ヒャッハー!

ドライな路面を走るだけだとライド後は雑にウェスで拭いて終わりですが、雨だとそうはいきません。
今日も往路や彩湖を回りつつ「微妙なウェット路面だとドロドロになって洗車が面倒だなー」とか思っていましたが、こう土砂降りだと、もはや走ってるだけで洗車状態。
荒サイがススキに侵食されつつあって体中に付着したススキの穂やら虫やらも帰って振り払うのが面倒くせーなあと思っていましたが、これもきれいに洗い流され、ドロドロだった靴もジャブジャブ洗浄(?)。

「土砂降りのおかげで涼しいし車体も体も泥が落ちて洗車の手間が省けた。ラッキーw」

などとニヤついてたら後輪がゴトゴト言う感じ。あ、パンクだ、これ。
路面が雨で見えないことや雨水で路面の色々な異物が浮いてくるのもあってか、何か踏んだようです。
エアの抜けはそこまでひどくなくリムをガツガツ打つ感じではなく、前方に荷重をかけてゆっくり走れば行けそうだったのと家まで1kmという感じだったので応急処置などはせずそのまま帰宅。
パンクしたらクリンチャーの場合完全にペッタンコに死んで乗れたもんじゃなくなりますが、チューブラーほどでないにしてもチューブレスも意外と死後の状態が良いんですね(←チューブレスで初パンク)

「家まで近いところでのパンクだったし乗って帰れるレベルで済んだ。ラッキーw」

ということで帰宅後の後始末が普段より多いため出社が遅れるも、そもそも普段から超早出出社している都合、何も問題なし。

「多少遅い時間(朝6時半前くらい)はやっぱり人が多くて流石にストレスあるな。でも普段より遅めの電車の混雑状況が把握できた。ラッキーw」

って、正直何もラッキーではありません。ぶっちゃけ、出発前のライトトラブルからして、アレなフラグ立ちっぱなしで、その通り不運の連発。

じゃあ、最低だったかっていうと、別に怪我したわけでも無し、普段通りライドできたし雨ライドも行けるっていう実績も解除()されたし。
そもそも趣味で好きにやってることなのだから、PMAの精神で行ったらいいと思うのです。
嫌ならやめれば良い、楽しければやれば良い。趣味なんだから楽に前向きに。
お、何か最近にしては珍しいポジティブシンキング。

※画像はイメージです。
(お座敷メンテ台だったスタンドを洗車台に格下げ(?)してベランダ常駐させたので快適な洗車ライフ!のはずですが、車体をベランダまで運ぶのが面倒なので、結局大体は玄関先で水を上からぶっかけて適当に拭いて終わり)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください