看板を背負う

久々の出社でふと自分の様子を見ると、リュックには凛として時雨のTKさんのTKPGキーホルダー、イヤホンは通称ピヤホン。そして凛として時雨Tシャツ!と見せかけてハイスタのツアーTシャツという出立。

めっぽう可愛い。娘にも大受け。
すみっコぐらし、コウペンちゃんに匹敵するウケ方をするも知名度はマイナー極まれり。

Twitterあたりだと思いますが、バンドTなどを着るということは当然そのバンドのファンと認識される訳で、「そいつがダメな行為していたらそのバンドの心証もダメになりかねない」「看板背負って歩いてるようなもの」といったことを見かけました。

なるほど、確かに以前、電車内でリュックに某バンドのラババンつけまくった兄ちゃんがかなりひどい乗車っぷりだったのを見て、何故かそのバンドにも少なからず嫌悪感を抱いてしまったのを思い出しました。

本当に好きなバンドの看板背負ってるなら泥塗っちゃいかんなと。

翻ってみると自転車も一緒な気がします。

あるメーカーに乗った人が酷い乗り方すればメーカー自体に、あるチームジャージ着て信号無視とかしたらそのチーム自体に・・・

バンド、自転車に限らないか。何事も好きだったら、応援してるなら、何かしら自分にとって大切な物だったら、しょうもない事して余計な延焼を招く様な事態にならないようにしないと。当たり前っちゃ当たり前ですけど、なかなかそうもいかない感じの人が世の中多いようです。
特にそのコミュニティ内であれば寛容にされたりするも外から見たら「はぁ?」という状況になっている場合に有りがちのような。

最近ネット上が非常に窮屈ですが、その中で起きている案件をみると結構な割合で案件の人って内側にハマりがちで外があまり見れなくなっているように感じます。別にそこらの一般な人でもそういう風になると黄信号かもなと思いました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください