クリス・フルームに遭遇

フルームに遭遇しました。Zwiftですけど。
いつも通りZwift内で登山して降りて、だらだら流していたら近くを走っているライダーの中に「Pro」マークにC.Froomeという名前が。
100km弱走ったあとの流しのようで追いついてみるとINEOSジャージを着ており、確かにフルーム。

最近は軒並みレースが無くなり、外を走るのも厳しいからかちょくちょく名前に「PRO」のロゴを付けたプロライダーを見ることが増えましたが、今回はすごい大物。

TTバイクで延々90km以上走っていた模様。
出来合いのアバターのはずなのに体格とか様子が似てる気がw

本気では走っていなかったようでずっと2倍程度でした。今度TEAM INEOSでイベントするらしいのでその予行演習的なもの?
とりあえず何にせよシーズンがこんなになったため閑散期に入るはずのZWIFTは大盛況。まさかこんなことになるとは。
内外プロが自分と同じフィールドでウロウロしていると思うと面白いですね。野生のプロがゴロゴロ。こわいw

これまでZwift上で様々なプロに遭遇しましたがその中で「この人えげつないな」と思った選手といえばカヴェンディッシュかフミか、という感じで思い起こされます。

カヴさんは周囲に追っかけが付いてくるも猛烈なパワーで引きちぎり去り、誰もついていけず力尽きたライダーが死屍累々という地獄絵図でした。
別府選手に遭遇した時は、追いついたと思ったところで絶妙なキツさの強度で数分走行、こちらがもうダメ・・・と力尽きたぐらいであちらもやや緩めてくれて、何とかして追いつくと再び絶妙なキツさで・・・というのを数回繰り返し。
じわじわ死んでいきました。まさかそこらの無名アマを相手にするとも思えないので、ちょうどあちらのワークアウトのタイミングなど偶然のことだったんだろうと思いますが、あれは厳しかったw

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください