[カメラ]二眼レフ再び

実家にて、ロモグラフィーのLubitel 166+を欲しがった切欠でもある二眼レフ、学研フレックスを保護してきました。
一度フィルムを入れて遊びましたがその後、ずっと物置に眠っていたやつです。本当はボントレガーのホイールを保護する予定でしたがスプロケの入手が遅れているのでいったん保留です。てか、ボントレガー、保護しても使うか?っていうのが疑問です。

なお、この通称学研フレックス、大人の科学という付録メインの雑誌の付録です。
3000円弱のものですのでピント合わせ以外はほぼ何もできないトイカメラです。

ただ、実際は絞り板をいれるとかして色々な改造ができるようです。しかし当時の本誌や改造用パーツはすでに紛失しているので何もできず。かなり内部まで埃と汚れにやられているので、使うなら全部分解清掃しないといけなさそう・・・復刻版買いなおすかな。
あとは、公式の改造以外にもルーペを付けてピント合わせしやすくするとか色々できるようです。ファインダーももちろんチープなので正直どこにピントが来ているかなんてサッパリですが。

さらにまともにピントを合わせたとしても、中央部以外周辺は盛大に流れると、まあ、まともな絵は期待できません。
そういうカメラじゃないのでそんなもんです。逆にそこら辺が面白い、というのがトイカメラ・トイレンズの世界で良くあることなので余裕ができたらちょっと遊んでみようかと思います。

その前にLubitelの120mmフィルムを使い切るのが先だろう?というのは触れてはいけません。はい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください