CS-HG800でアイオロス6.5復活?

実家に叔父から預かり受けた2010年代前半のボントレガー アイオロス6.5が転がっています。
何で転がっているかというと、10速ハブが付いている&兄がメインで使っていたもののチューブラータイヤが面倒だったのかタイヤがダメになったまま放置、ということから。
自分も各車体、全部11速コンポに入れ替わってしまった今となっては使えない代物です。

ちなみにアイオロス6.5はこちら。

か、かっこいい・・・


ディープで細リム、少スポーク。この上なく格好良い。

ですが、流石に隔世の感があります。
多分、空力・ハブの性能・重量など諸々を考えても現行のカンパWTO45などの方が上じゃないかと思います。つまりわざわざ復活させる代物でもないと。
いや、そもそも交換用ハブがあるのかすら分からないし、自分でハブを替える勇気も自信もやる気もないし。
やはり復活はやめようかなと思いましたが、やっぱり画像で見返すとナニコレ格好良いw
MasterとかHeliumみたいな細めフレームにあえて付けたらかなりナイスなのでは、などと邪な思いが・・・
完全に走行性能ではなく見た目のみですねw

「でも11速コンポだし無理だな、、、」と思っていところ、「CS-HG800 11S」とやらが11速スプロケなのに10速ハブについてしまうらしいじゃないですか。
しかも11-34Tというなんとも足に優しいワイドレシオ。
ただ、遊びで使うには微妙なお値段のようなので、躊躇いますね・・・

・・・ポチっと。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください