全然安静じゃない安静心拍数

寝る前にApple Watchを付けておき、寝起きに心拍数をチェックしているのですが、普段は大体安静心拍数は40台です。ここ最近は45辺りを行ったり来たり。
何にもしていなければ徐脈性不整脈となりますが、運動してるせいだと思われるので大体こんなもんかと思っています。

ところが、安静時心拍が25日未明で112bpm、26日未明108bpmと明らかにおかしな数字です。
時系列のログを見るとスパイク的な飛び出しではなくコンスタントに高めの計測。

前も取り上げたような気がしますが、たまにこういうことがあります。疲れ気味のタイミングが多い気もしますし、一拍の波形を見ると初動のデカい波の後に余韻のように二波目があるので心拍計の誤作動?(倍の心拍数を刻んでいる?)というだけな気もします。
昨年までならお構いなしに運動をやってましたが、今は全く無茶する時期ではないので二日もこんなのが続いた時は諦めて朝ローラーはお休みと決めています。

大体数日で収まるので気にしませんが。気にした方が良いのかな?
いずれにしても平日は「ただの心拍計」&「余計な通知が寝てる間に来たりして鬱陶しいだけの腕輪」になりつつあるApple Watch。
ちゃんとしたトラッカーが欲しいですね。オマケ程度に目覚まし機能がついていたらもうそれで十分Apple Watchの平日の役割すべて果たしてしまうザマだったりします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください