ナルーマスクを使ってみた

先日2日まとめて彩湖に行きましたが、予定通り花粉にやられました。
外練の大事さを実感、と言ってましたが、ぶっちゃけるとしばらくは外に出たくないですねw
きつい。

今回の彩湖では珍しく新規自転車グッズのネタとなりますが、ナルーマスクとやらを試してみました。
以前、レスプロのスポーツ用マスクを使ったこともありましたが、使って行くうちにかなり湿気が溜まってやられたり、普段使いはもちろん自転車で使うにしても見た目がかなりアレ、という事でお蔵入りでした。

今回の土曜はナルーマスクFU+、日曜はナルーマスクF5sという2種類でした。製品自体は今更感があるので人柱ってレベルじゃないですけど、個人的には実験です。
いまや世間は新コロ禍でマスク不足。コロナはともかく重度花粉症患者な自分にとって、これはシャレにならない、まさに死活問題です。
元々我が家は過去に間違えて余計に買ったマスクのストックがあったのでしばらくは困らないのですが、新コロがまだまだ落ち着かない様なら、マスクも使い捨てではないタイプを視野に入れないといかんな&自転車でも兼用出来たらベストじゃないか、ということでちょうど良い機会と思いこれらを導入しました。

・ナルーマスクFU+

所謂普通のマスクっぽい形状をしています。サイズはS(それしかなかった)。
結果から言うと、30分ほどで外してしまいました。

正直、息苦しい。耳痛い。

口回りに密着するのでソコソコ強度を上げ始めてハアハア言い出すと無理。
口に張り付く感じ、鼻水(花粉と別の要因のやつ)との戦い。「花粉を防ぐ以前に酸欠で死ぬわ。うざいわ。こんなことなら花粉浴びた方がマシだわ」という事でキャストオフ。
そんなにうまい話は無いですよねー。

サイズSは小さめだったので改めてサイズLなら違うのかしら?とほのかに次への期待を込めますが、とりあえずSはダメ(個人差があります)。

・ナルーマスクF5s

なんというかバラクラバ(めだし帽)の下の部分というか、なんていうんでしたっけ、ぐるっと輪っかのような形状をしています。サイズはL。

こんなやつ。


結果から言うと、30分ほどで外してしまいました。(既視感)

正直、息苦しい。耳痛い。(既視感)

口回りに密着するのでソコソコ強度を上げ始めてハアハア言い出すと無理。(既視感)
口に張り付く感じ、鼻水(花粉と別の要因のやつ)との戦い。「花粉を防ぐ以前に酸欠で死ぬわ。うざいわ。こんなことなら花粉浴びた方がマシだわ」という事でキャストオフ。(既視感)
そんなにうまい話は無いですよねー。(既視感)

サイズは良いんでしょうけど、そもそも構造上、サイドは耳にかけつつ、正面は鼻当てで合わせて、という感じなのですが、耳に掛ける方がどうにもフィットせず。顔デカいか?個人差か?
どこか構造上窮屈で合わなかったです。

FU+、F5sどちらのタイプも対花粉性能は良さそうです。息が上がらない程度で走り続けるならアリだと思います。実際アップ程度の走り始め20分くらいは問題なかったです。
しかしゼエゼエと口でも呼吸するような状態では、市販の使い捨てよりはマシでしょうけど鬱陶しさは変わらず、という感じでした。

外せば外したで花粉にやられてアレルギー反応で溺れそうになるんですけどね。
なんかもうガスマスクみたいなのが欲しいです。
ああ、もうむしろ家でローラーでZwi(略

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください