Zwiftのドラフティング

朝型シフト化、4時起きエクストリーム朝活も4日目をこなしました。その名の通り三日坊主が良くある身としては何とかそこの壁をクリアした感じです。
後は週末をどう過ごすか。多分週末また怠惰に過ごすとリセットされて週明けが危うくなるだろうというのは容易に想像されます。

それはおいといて、この流れになってからローラー時間が朝晩で分割&翌日に響かないボリュームに抑えているためワークアウトの体でできず、Zwift上のルートにおけるタイムを目安にローラーを回しています。

基本的にWatopiaというオリジナルのフィールドしか行かないのですが、例えば「軽い丘がある周回路のHilly loopで14分切る」とか「山とそのトンネル?内を走るVolcano Circuitで6分切る」とか。大体前者はFTP強度かチョイ下くらい、後者はL5下限あたりで達成可能です。

今朝も起き抜けに後者のサーキットで6分切りをターゲットにやっていました。1周目のみで後は死んでいましたけど。

で、今回は5分49秒だったのですが、Private Bestからどのくらい落ちかな?と見てみるとベストタイムは5分ジャスト?えぇ・・・?

見直してみると2018年末に出したタイムで、8周するレースでの記録のようでした。そうそう、確か4周ほどAクラス先頭集団に食らいついていて、軒並み5分前半を刻んでいたんでした。

このベスト周回の5分は出力平均が278wでした。今回は5分49秒で286w。
ベストの時は登りで周りに付くためドッカンと上げていたとはいえ、今回の方が出力高い・・・

実世界ではドラフティング効果の高さは実感していますが、数分程度の周回路で同じくらいの出力の時にドラフティングの有無で1分の差がつくとは、Zwift恐るべし。

海外勢からすると軽量かつ下手に4倍超えているためにAクラスへぶち込まれてしまい、上位陣との異次元な差に凹むから嫌だと思って遠ざかっていましたが、久々にレースイベントにも出たいですね。時間が厳しいですが・・・
そうそう、今オフ辺りから特にレースやイベント、最近ではミートアップとやらでも盛り上がっているなと感じるZwiftですが、自分は完全に乗り遅れています。
リアルに飽き足らず、こちらの世界でもボッチとは救えないなー。

Hilly loopをその時のベストで走ればオレンジジャージをゲットしますが、大体途中で剥ぎ取られます(記録を更新されると元のジャージに戻ってしまう)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください