[カメラ]Olympus 35DCのその後

お蔵入りした前期型の35DCはジャンクから部品をとって再生を目論んでいました。
が、先日休暇にカメラ屋をうろついていたところ、ジャンクどころかコンディションが普通に上等な奴がかなり妥当なお値段で置いてありました。
一通りの機能確認するも問題箇所は無く、レンズは微少な塵のみで汚れ曇りカビ無し。リング等の動作も滑らか。露出は珍しく(?)アンダー気味。

という事でここまで文句ない個体も珍しい気がしたので、その場で捕獲してしまいました。
先代にはむしろ今後の部品取りとして眠っていただきたいと思いますw

とりあえず試写したいところで、後期型に入れている業務用ISO100のフィルムと同じものを入れて移りの比較を!と思っていますが新コロ関連で余裕なく、24枚*2本を撮りきるのも怪しいくらいワタワタしているのでどうしたもんかな?という感じです。

左が後期型。右が前期型。
前期型は内外ともに金属パーツメインで結構贅沢な部品の使い方。
後期型はオイルショックの影響で値上がり&部品変更があったらしく、ややチープ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください