肺炎の影響

肺炎関係で公立小中高が来週から休校という話で家庭内も騒然です。
世界的なこの騒ぎの具合からすると今回の対応自体はやむを得ないのかも?と思うところではあるんですが・・・
「年度末最後の一か月はまるっと休みにしろ。来週からな。」というお達しを木曜夜に出し、実質金曜の1日だけで何とかして来週月曜から対応しろってのは流石に無茶が過ぎます。

文化系・音楽系イベントから企業系展示会など、ありとあらゆるものが続々中止で、妻の行く予定だったライブも中止になりました。
自転車でいえば、隙あらば様子だけでも見に行こうかなと思っていた週末のバイクロアが中止。富士ヒルも一般エントリー開始を延期。
直近の八ヶ岳、富士チャレ辺りもどうなる事か心配です。
こうなるとハルヒルや富士ヒルまで終息せず、というのもなんだかありそうで嫌。

例年さっさとエントリーしていたハルヒル・富士ヒルを今年は全然していなかったのは何か嫌な虫の知らせでもあったのか?という感じすらします。
何にしても「イベントにエントリーして返金無しの中止が相次いだりしたらどうしよう?」と思うと積極的に動く気も半減です。
まさに一番やっちゃいけない「消費マインドの委縮」そのものではありますが・・・

諸々イベント中止で被害を被ったアーティスト支援のためグッズやCDを買うとか、自転車関連なら例えば何か消費するとか、そういう自分の実になり相手を支援できるものは大いにアリだと思います。そこは積極的に行きたいです。
逆にいくら綺麗ごと言ったって、「エントリーしたとしても中止になるかも」と不安なところへ「もしかしたら金ドブになるかも」って思いながら金を突っ込むのは正直ちょっと、ですね。

被災地の野菜を食べて応援しよう、とは話が違いますわ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください