確定申告と納車

趣味と何にも関係ない話ですが、先日、連休に申告会が開かれていた税務署で確定申告してきました。
会社の分と別で昨年の収支結果から納税する必要が生じたのですが、慣れないことにかなり困惑しました。自宅で国税庁のサイトから落とした書類に入力しようにも、「どこに何をかくの?この書類は?漢字大杉内?」などと頭から煙を吹きそうに。

結局、それっぽい書類とか印鑑とか何が要るのかよく分からないからって全部持ち出し、ノー準備状態で申告会場入りしました。さあ、煮るなり焼くなりしておくれよ!
と、 朝のオープン時に行ったら90分待ちw
なんだ、テーマパークだったか。

ものすごい多くの人であふれかえっていました。新型コロナ的には大人数が集まるイベント禁止とかが多い中でこれは激ヤバではないですか?
よほどライブなんかよりヤバい気がします。これこそ延期とか期限ずらすとか、いろいろ対処した方が良いような・・・。

そんな会場内でずっと待つのは嫌だったので、外にでてウロウロ90分。見積り通りちょうど90分経過で入場できました。
そこからおよそ2時間。書類のデータ入力のため係の人を何度もお呼びしながら項目を埋めて無事に作成、投函で申告を終えました。
何を書くのも合ってんのか不安で「何だ余裕じゃんか」とはまるで言えない感じでしたが、こうして一回クリアしてみると、次回からは自宅である程度書類作れそうだなと思いました。次回は無いだろ、という話ですが。
ともあれ、今年一番?レベルで気が重かったタスクをクリアしたので晴れ晴れした気分。
何という解放感!さ、新しいチャリでも買うか!!

という事で納車されました!!!

すみません。娘のやつです。一応ノーブランドではないので良いかなと。
サイズはそこそこ長く乗ってほしいので大きめサイズで26インチ。それにしても、もう娘がこんなサイズに乗る年齢になるとは、時の経過は恐ろしいです。ちょっと前までストライダーだったのになあ・・・。

話は戻って、確定申告を終えて解放感がある!と言っても、何かが還付される訳ではなく逆に納める側なので全っ然おいしくないです。
むしろ痛いです。


まさに1円単位で調べて書類作って申告して納税してるんですから、お国の人はそういうお金をテキトーな感じで使わないでほしいですね。議員特権だか何だか知らんですが使途不明の資金とか、あやふやな会計とか、そういうのをみると休日くんだりに税務署まで行ってケツの毛1本見るレベルで調べて書類作って申告してるのがアホらしいですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください