カメラ&バイク

日曜に暴風の中、AEROADで今年初?な外走りをしてきました。
昼前の隙間時間で荒川沿いを河口に向かって、大体2時間かからないで帰宅する感じでした。トレーニングの体ではなくだらだらとサイクリングです。

今回の目的はカメラを持って走ることでした。
カメラ趣味と自転車趣味をまとめて一遍にやっつけてみようじゃないかという算段。
というのも、最近、オールド国産コンパクトカメラという底なし沼に足を一歩踏み入れてみたところ、「あ!」という間もなく耳辺りまで沼に漬かってしまいまして・・・

「軽い、割と頑丈、安い」という一見すると自転車と相性が良いのでは?と思わせられるこの三拍子。
が、実際どうなのか?
そもそも、カメラとロードバイクは同居できるのか?というのが気になるところです。

カメラとロードバイクって言っても、正直、フルサイズのD850を背負ってライドは現実的ではありません。軽いレンズを付けても1.5kgくらいになる重量。コケて壊しでもしたら損害が半端ないという恐怖感。E-M1Mk2を引き合いに出したとしても、マイクロフォーサーズによる小ぶりさで重量はまだマシだとしても、問題が起きた時の損害を考えるとやっぱり怖ろしい。

対して中古コンパクトフィルムなら、D850セットの何分の一かの軽さに何十分の一かのコストで済みます。これは良いんじゃないかと。
そんな訳で掘り返したレンジファインダーのオールド国産コンパクトを持ち出して走ってみました。

露出をはじめとした挙動全体がボロいので信用してはいけないと思ってGR3も併せてリュックに入れて出かけ、軽く走った結果ですが・・・

「花粉が暴風で飛散しまくる中でチャリなんか乗るもんじゃねえ」

となりました。はい、すみません。カメラどころじゃなかったです。ほぼ、ただの重しになっていました。
花粉シーズン舐めてました。これからはちゃんと花粉対策しよう・・・

なお、掘り出したカメラ試し撮りのフィルムはスピード現像なお店にぶん投げたところ、あっというまに現像されてROMに焼かれたのでチェックしてみました。
うーん・・・もう2,3本色んなフィルムで試してみるつもりだけど、この子は外れかな←この沼っぷりよ

レトロ界隈は何でもアリで「これはソフトフォーカスだ」と言ってしまえば成立しかねませんが、センターのにじみに低感度フィルム&露出オートのカメラでここまでオーバー気味となると、ちょっと・・・
そう考えると味があるとか言われるコンデジのGRですら普通風・・・フィルム界隈怖い

さあ、出会い系(カメラ屋オンラインサイト)を巡ろうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください