ジャンク時間

年始になると新年の抱負にかこつけて、「アレをやろう!コレをやろう!」と意気込むものです。
しかし実際のところ、年が変わったからと言って途端に人間や環境が急に激変する、何てことはありません。ただいつもと同じく時間が経過して一日が経ったら次の年に移ったにすぎません。
「やろう!」が「やりたい!」になり「やれたらやる」になり「できそうもないからまた今度」、「来年頑張る」というのがオチです。

という事で、自分も新年だし何かやろうとは思っていましたが、まさにこのフリの通り「やろう!」ができないまま年の24分の1が過ぎます。

なぜできないか?それは時間がないから。
なぜ時間がないのか?時間が有限だから。

なんて簡単な答え。
しかし難しい問題です。

何かしら新しいことをやるとして、それに充てる時間は1日当たり1時間でしょうか?2時間でしょうか?
・・・で、どこからその時間を出すのか。
これまで通り過ごしている1日に追加で1、2時間のタスクを入れ込める訳がありません。今年から1日が26時間に増えたのなら話は別です。
本当に新たに「何かをやる」つもりならば、その前に「何かを削る」をしないといけません。

何かを削って作った空き時間でようやく何かをやれるんじゃないかと。

そんな訳で一日の時間の使い方を棚卸。無駄に過ごしていることはないか?削れる時間はないか?と考えました。
早々に思いつくのはスマホでゲームとかだらけたネット徘徊とか。ここらを削るだけで割と時間がゲットできそうです。
気が付くと時間が経っていて「あれ、なんでこんなことやってたんだろ」みたいなゴミのような過ごし方をする時間です。ジャンクマイルならぬ、ジャンク時間ですね。

ただし、このまどろんだ時間は無駄で罪悪感しかないようなものなのに非常に甘い。とろけるように甘いもの。
鉄の意志がないと気が付くとグダグダに飲まれてしまいます。意志薄弱とも言います。
簡単そうで中々レベルが高いですわ。

後は何だろう。弁当作りなど家事の最適化とか、電車内での過ごし方を工夫するとか?
具体的な案がすぐには思いつきません。

あ!睡眠時間削れば一番早いじゃないか!(死亡フラグ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください