FTP更新

先の台風で荒川沿いながら我が家は無事でした。しかし自分の主要な自転車練習場所は軒並みダメになったため、ひたすらローラーのみです。
・・・そんな事なくてもローラーばっかりなんで実際は大して普段と変わらなかったですけど。

それはそうと先週月曜のクリスクロスから始まり、1時間付近で100TSS程度を繰り返す一週間で普段より濃い感じでした。

水曜には2分インターバル?(120秒L5強度、30秒レスト)を延々1時間やったら1時間のTSSが100超え。

「クリスクロスの強弱を逆にしたら面白そうじゃねwww」というのが事の発端。面白くはなかったですね。

平均出力はFTP以下なのに?と思いましたがインターバルなのでNPが高くなっていたためFTPの値を超えていたようです。

おかげさまで出力/体重が4.45から4.5に。たった0.05ですが気分的に4.5というとだいぶ違う感じがします。
って、60分のNPをFTPとして良いの?APじゃないとダメ?という疑問。このあたりどうなのでしょう??

微妙です。

で、翌日はSSTで40分としようと始めたものの最初の5分でFTP弱で突っ込んだら案外回るのでそのまま60分。
結果またTSSが100を超えました。
これは流石に計測の問題ではなく純粋にFTP更新として良いでしょう。2wですけどねw

ぐったりコンディションの60分TT、ペース走でFTP超えなので実際のFTPとしてはもうちょい高いのでは?という気もしますがしばらくそういうのはやりたくない気持ちでいっぱいなのでやりません。

それにしても2年前に出した最高値(FTP4.45倍)は今後超えることはないだろうと思っていたので驚きです。
もう加齢でダメかも、とか、Zwiftとはいえレースでの60分で展開的にちょうどよかったから出せたものであって単独で更新は無理だろう、とか。

進歩はわずかですが、これ以上の伸びを諦めつつあったので「まだいけるじゃないか!」と思えるようになったのが最大の収穫かもしれません。ポジティブポジティブ。
こうなれば「 目指せFTP5倍」といきたいですが、現状5倍だと5分~10分で虫の息なので、これを60分続けるなんて流石に想像できない。

[備考]
唐突に文中に出てくる良く分からないかもしれない用語について(適当):
・FTP⇒自分の実力の目安。パワメで測れる。一番確かなのは1時間全力走した際の平均出力(※ここが疑問、平均とNPどっちでも良いのか?わからない・・・)。なお、60分全力は心が折れるので20分全力でやって何パーセント引きした出力をFTPの推定値、とするのが世間一般でよくやられるFTP測定法。こまめに測定するのが良いらしいけど、想像するだけで口の中で血の味がしてくるので、正直こまめになんてやりたくない。(やってない
・TSS⇒運動量目安。FTPの値で1時間走ると100TSS。(定義からして1時間走ってTSSが100超えることはないので、TSSが100超えていた場合はFTP設定が低すぎるということ)
・NP⇒標準化パワー。単純に出力の平均ではなく、出力の上げ下げを加味したもの。例えば200W一定で2分走っても、300W1分~100W1分で走っても平均は同じ200W。しかしNPだと後者はもっと高く出る。多分(計算は面倒なので省略)。前者より後者の方が感覚的にきついものなので、NPは実態に近い値と言える?
・AP⇒上記のNPと違い単純に出力を平均したもの。
・何倍とかいう表現⇒パワーは絶対値的に語られるものの、100kgの人が200wで走るのと50kgの人が200wで走るの、どっちがしんどい?というと50kgの人の方。こういう違いは出力の値をみただけでは汲むことができないので出力・体重比で表すと何となくみんなで正しい出力の話ができる、かもしれない。(例:100kgの人の200w⇒2倍、50kgの人の200w⇒4倍)
体感的には1時間4倍維持で走れれば、集団効果を加味して富士ヒルクライムのシルバーも行けるのではないかと。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください