外付けHDD故障

いつも通りZwiftを起動させるかーと思ってiMac立ち上げてふとデスクトップ画面を見るとTimemachine(Macのバックアップ用アプリ)用ドライブのアイコンがいません。
iMacの内蔵ストレージがハードディスクとSSDを併用したFusion Driveという「最初は爆速で良いけど後々トラブった時にヤバい」という噂を聞くことがあるものなので、別に外付けHDDを繋いでバックアップを取っていたのですが、認識されていません。見てみると外付けHDDがウンともスンとも言わない状態になっていました。
こいつ、いつの間に・・・

外付けHDDはWD社謹製・信頼の自社HDD搭載でMac専用(対応?)のはずだったのにこのザマです。
メインのバックアップデータはまだiMacが死んでないので外付けがだめになってもOKですが、別で入れていた過去の画像データが死んでしまうのは痛いところ。こちらもLRで残っているとは思うのですが、どうもあれはちょっとようわからんので。

ということでHDDを分解したらこんなのが出てきました。

リッチな雰囲気のガワを剥くと、HDDの電源とコネクタにUSB3.0コントローラらしきものが載った基板と防振ゴムが登場。リッチそうなガワも成形品ですか、そうですか。

さすが、NAS用でお高いWD RED。しかしそれ以外の部分はというと、HDDに繋ぐSATAと外部に繋ぐUSB端子、電源端子、インジケータ用LEDが載っているらしい基板のみ。なんてシンプル。
これで○万円。秋葉原あたりで買えるHDD価格から2倍以上の値付け。このシンプルな基板とHDDを成形品のガワに入れてハイ終わりとな。これで高信頼性のはずのHDDが死んでいたら痛いですが基板が死んでいたら復旧できるなと思い、HDDケースを買って接続したところ普通にHDDが読めました。とりあえず安心だけど外付けHDDでバックアップ用が売りの製品が突然死はどうかと思います。

とりあえず普通に動いていますが見えないだけでダメージを受けてる不安もぬぐえず、秋葉原をめぐって4TBのWD BLUEを購入しました。
BLUEは24時間365日フル稼働なNAS用であるREDの半額くらいのグレードですがデータバックアップ用には十分だそうで。

それにしてもHDDを買うなんて数年に1度ですが、毎度大容量化低価格化が進んでいて都度浦島太郎状態です。前は超がんばって4TBを買ったのに今は7000円台で買えるとか。どうなってるのか。
いずれ100TB、1PBとか言い出す世界になるんでしょうか。「4GBのHDD、大容量!」とか言っていた時代があった訳なのであり得るかもしれませんね。

今回、併せてディスクをクローンする製品も買ってきたので、家にあるWD REDを新しいHDDに複製しました。バックアップのバックアップという良く分からない感じw
とりあえずWD REDを信じて、しばらくはWD REDを外付けに使って適当にWD BLUEを手動バックアップ用として運用します。

HDD2台使ってRAID1を組むというのも考えましたが、高くつくし24時間常にミラーリングしてもらっていた方が助かるようなヘビーな使い方はしていないので宝の持ち腐れかなと思いスルー。
無駄に背伸びしても意味ないし。
ちょっと手間でも時々手動でバックアップすれば足りるわけで、こういうのは身の丈に合った物で十分です。(自転車でも同じ考え方をしろよと自分に言い聞かせたい)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください