クリスクロス

最近、「月曜はクリスクロス」という謎の取り決めをしていて先日もやりました。
風邪がそこまで大崩れせず持ち直したのと、日曜は別で頭痛にやられて自転車乗ってないというフレッシュな条件。なのにクリスクロスやるか?となると「ぶっちゃけやりたくないな、あれは」と引いてしまうメニューです。
Zwiftで言うところのゴルビーやマッカーシーみたいな、正直どうかと思う内容のワークアウトに比べればマイルドだとは思うのですが。

なお、クリスクロスはFTP値の120%を30秒、FTP値の90%以上で2分、これで1本とみなして8本やって1セット、という内容です。
大体1セット目が終わったら少し休んで2セット目をこなして終わりというのが定番らしいです。
ということで結果はこちら。

前半でパルスが乱れているところはギアチェンジでもたついているところ。eTapさんよ…

24本のパルス。なぜこんなことに。

たしか、漕ぎ始めは冷静だったはず。
「まずは8本…」とか考えているのに、8本終了の時点で「休むのもったいなくね?やれるならやってしまえよ」と謎の思考が展開。
「そのまま2セット完遂!」と血迷い、無事完遂したと思ったら「区切りが悪いから20本やろう」という意味の分からないお代わり。
20本やり切ったところで「ここまで来たらノンストップで3セット」と体がついていかない脳の展開。

20本目以降は心が折れて90%2分の方がまともに維持できなくなっていますが、見返すともうやりたくないと思う無茶具合です。

実は、大体クリスクロスをやろうとすると毎度このザマなので、「本来のクリスクロスとは…?」と考えてしまいます。
思えばSSTをやるときも一緒で、「結局これってSST超えてないか…?」という強度の高さのまま40分しようとしたり。なぜなのか。

もともと設定されたものより高強度になってしまっても意味があるのか?
ワークアウトとしては完遂しているから無駄では無い気はしているのですが、本来の目的からは逸脱しているような気がしてなりません。
結果としては、今のところ今年はハルヒル以降スイッチが入ってからはそれぞれ自己ベストだし、ここ最近は長時間乗るにあたっては直近2年で一番マシな数字が出せてるので無駄ではないのかなと思っていますが。

うだうだワークアウトの良し悪しを考えるのは置いといて、とにかく分かっているのはローラーで引きこもっていては駄目ということ。おきなわまでは外を走り込むぞーとか思っていたのですが、また週末台風です。
しかも強力で直撃?台風後はチャリどころではない感じに道もダメになっていたりするので、これは非常に厳しい。

・・・そしたらアレです。Zwiftやって終わりです。あれ、普段と変わらない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください