はじめてのヤビツ

土曜の午後に家の微妙な機材などなどを実家の物置に入れる&物置の大掃除と言うことで一人帰省。
日曜は午前から日差しが強く、物置整理するにも蒸して仕事にならないため、初のヤビツアタックに…
弘法山公園駐車場?というところにデポできるそうで下道で実家から1時間、車で向かうと駐車場は見事な激坂の上でヤビツよりむしろ帰りにこの坂を登って車のところまでたどり着けるかが不安なレベルw

しかし駐車場には先にローディさんが何人もいて、なるほど定番の駐車場のようです。

早速準備していざ名古木へ。

セブンイレブンはローディさんで溢れてました。凄い。これが噂のヤビツ…

まずは道を間違えないように…と慎重にスタート。

全体的に白石や榛名山のような「うわあ…」という急勾配はないようでしたが、蓑毛の坂は噂通りでした。アレだけ直線で続くと精神的に来ますね(ー ー;)

蓑毛を登り途中催していたのが我慢できず蓑毛のバス停でトイレストップ…
そこからは探りながら登って、「おお、ここが菜の花台か…」とかユラユラ走りながら、ガーミン調べ41分ちょい?でした。

途中景色も良くなかなかどうして。
この峠、ウチの近くに欲しい…

ゴール地点もローディさんたちで一杯。
普段峠に行っても早朝ばかりで人が少ない事が多いので、これだけクライマーさんが集まったのをみるのは新鮮です。

下山は一部荒れたところとドーナツ溝が嫌でしたが元々トロいのでゆっくりと走ります。知らない道を下るのは怖い…

1本目を参考に2本目だ、ということでセブンイレブンまで戻って折り返して行くとバスのバス停待ちに信号待ちに、と散々だったのでセブンイレブンに戻ってリスタート。

どんどん行こうと思うも途中から暑さにやられてきてまるで踏めず轟沈。
結局ガーミン調べで42分弱だったようです。弱い…

image

白石峠、彩湖に次いで誰もが一度はやる構図シリーズ第3弾。
ちょっと恥ずかしいw

そそくさと下って駐車場に向かうと、思った通りの激坂でガーミン調べで15%くらいでした。
なかなか良かったです。

次にヤビツを登る時は40分切りしたいところです。

それにしてもこのところ走れど走れど、榛名と富士に不安を覚える残念な結果ばかりです…(ー ー;)

白石峠3本

おがわまち発白石峠3本
3時間26分23秒 64.41km(1961mUP)
白石峠TT
1本目 30分01秒
2本目 30分41秒
3本目 35分00秒

4時半発で車にて道の駅おがわまちまで行き、そこから松郷峠を越えて白石峠に。
家族でお昼を食べに行く予定を入れていたので、9時半におがわまちを出るのが条件で登れるだけ登ろうと。

image

1本目は今日一番乗りだったのか道中蜘蛛の巣だらけ。モサモサと糸と戯れながら頑張るも30分切れず(ー ー;)
榛名山でも今日でも、何だかダメです。

2本目は1本目を悪くした感じで終わり。

3本目は開始3分くらいでシンドくて、脚をほぼ止める感じで漕ぎながらやっぱり帰ろっかなと…としばし悩むもとりあえず行けるところまで、、、という具合で登頂。

全体的に出し切れてない感じでした。
体重が重いのも効いてるような(´Д` )

余力はなぜかあったので4本目いっちゃう??と思いましたが時間が無理なのでときがわベースに寄って小休止してから帰宅。
ここ、良いですね。

その後は予定通り11時前に帰宅、ダッシュで撤収、シャワー、風呂掃除を済ましてお昼を食べに行き、その後は娘と二人で新宿デート。抱っこだらけで筋トレが捗ります。
メインはケーキ食べたりお土産にシュークリームのようなものを買ったり。
帰宅後の夕飯では肉攻め、そしてシュークリーム。
これで体が重いとか、そりゃ当たり前です。

彩湖10周

彩湖周回(10周)
1時間54分17秒 59.92km

5時起きで久々の彩湖周回。
普段と違う南風でした。
いつもの北風だとバックストレートで追い風になり飛ばせるのですが、南風だと人が多いメイン?ストレートが追い風になるのであまり飛ばせません。

それより昨日のダメージで初っ端からハムが疲れていたので飛ばす周と労わる周を交互に繰り返し、10周したところで終了です。

意外と走れました。平地も楽しいものです。
往路の荒川インターバル、帰路の戸田漕艇場脇インターバル共に予想より回せましたし。

ヒルクライム中は頭の中は完全に無音なのに平地走行中は何故か音楽がガンガン流れます。この違いは何なのか…?
しかし曲は娘の好みで車で延々流しているきゃりーぱみゅぱみゅ。

割とツライ。

image

ある意味常連なのに初めてやった記念撮影w

榛名山ヒルクライム試走2本

榛名山ヒルクライムコース3往復
2時間41分01秒 51.16km(1784mUP)
一部データ欠落
榛名山TT
1本目 55分49秒
2本目 1時間06分48秒

妻の体調もボチボチということでお暇をもらって未明に出発、榛名山3本!と思いましたが関越が事故渋滞で下に降りたり上ったりとドタバタして予定より1時間遅れで到着…

後述のとおりどっちにしても3本は無理でした。

1本目、登ってみると著しく体調が宜しく無いようで既に1本登った後のような疲労感。
そして、まるで絞れていませんから体がひたすら重い。物理的に。

麓の民家で、庭先に立つおばあちゃんに「頑張ってくださいねー」と声を掛けられて発奮してなんとか頑張ろうとするも、初心者コースの先はまるで走れず、タイムをみるとやっぱり残念すぎる結果…。

下山して即折り返すもやはりダメ。先日の3本目と大差ないやられ具合でした。

もはや実走行を積むためだけのためのようになっていました。

この出来では嫌なイメージを残して本番となりそうです(´Д` )

良かったことといえば、

image

車輪行(?)の車載簡略化に成功したこと。
今までゴムロープとタイやらカバーやら駆使して結構頑張らないと車載できませんでしたが、新聞紙とリピートタイのみでしっかり積み込めることが判明。

これは車遠征が捗りそうです。

第29回ツール・ド・八ヶ岳参戦

昨年と同じ感じに夜中3時に起きて出発し、6時過ぎに現地の駐車場となるグラウンドに到着しました。

昨年は着いた瞬間、外に出たくないほど寒かったですが、今年は「散歩がてら受付まで行くか」と思うくらい寒くなかったです。
image
 
咳やら腹痛やらありましたが受付、自転車の準備も終えて試走してみると案外大丈夫そう。しかしふと天気予報を見ると午後早いうちに雨と予報が悪化…
そんな装備品持ってきてないし、降られたらそれで諦めようと。
ちなみに参加賞は相変わらず実用性の高い物です。
image

結果:1時間24分22秒 43位/157人中

だそうです。
昨年より4分短縮、参加者が増えたので順位はひとつ落としました。微妙。
予想通り草津が無い分、皆さんこちらに来たようで、ガチ具合が増した気がします。
image
昨年よりだいぶ雪が少ないですね。

1時間20分は切るつもりだったので結果的には失敗です…

レース自体はスタートから出遅れて展開も何もなく、10km通過時点で予定から3分遅れだったので、もうこの時点で残念な感じ。
さらにハーフコース後にサイコンがお亡くなりになってしまい、距離や時間が良く分からなくなったので周辺の勢いに任せる感じにしていました。
終盤の下りからゴールまでのコースは覚えていたので、下りからゴールまではちゃんと走れました。
昨年、ここでズブズブにやられましたが、今回は目に付く前走者は皆かわせて楽しかったです。
随分足が余っていたとも言います…。

ただ、結果として4分遅れで済んでいると言う事は、前半大きく遅れた割には後半持ったのかと思われます。

ゴールから会場まで下山し、レストランでチームのみなさんと合流。
きのこ汁を貰ったりおこわを食べたりして、次元が一回りも二回りも違うチームの方の表彰式に。
おめでとうございます!

下山時は雨で冷えっ冷え、撤収するも自転車を車に積むために汚れなどを拭いたり、着替えたりしてやっと帰宅路へ!
と思ったらそこらじゅうで渋滞。なんだか疲れました。

昨年末の骨折明けでどうかなあと思って臨みましたが、滑り出しとしてはなんとも微妙でした。
ハルヒル、富士と頑張らないといけません。

特に富士は兄がリベンジに燃えていて、これを返り討ちしないといけませんので大変です。

榛名山ヒルクライム試走3本

榛名山ヒルクライムコース3往復
4時間18分13秒 87.61km(2753mUP)
榛名山TT
1本目 54分36秒
2本目 58分28秒
3本目 1時間06分33秒

12日はほぼ一年ぶりに榛名山へ試走に。八ヶ岳も近いので、できるだけキツイ山を登っておかないと!ということで。

やや寝坊して5時半くらいに出発して榛名山到着は7時過ぎでしたが、試走者駐車場は結構な賑わい。

image

とりあえずお腹が痛くてやばかったのですが、支所が選挙で開いていたのでトイレをお借りできたため難を逃れて自転車準備に。

image

ぼちぼちの冷えでしたがそこまでじゃなかったのでウェアの方は暖かめインナーに半袖ジャージ、レッグウォーマにビブ、指切りグローブといたって普通の仕様で出発です。
下山で冬用グローブとウインドブレーカーでした。ちょっと下山は寒さがきつかったです。下り嫌い!

試走の方はというと、
1本目:
アップ無しでガツンといってみるも轟沈して54分台。初心者コースゴール後の工事信号に引っ掛かる。
頑張った割になんだか微妙なタイムだ…と、下山して即折り返し。
2本目:
お代わりするも後半終盤の急坂区間で垂れて58分台。初心者コースゴール後の工事信号に引っ掛かる。
何を狂ったか、2本目の下山後に折り返してノンストップの3本目に突入。
3本目:
もう序盤で脚が疲れまくりなのに無理を押して、ケイデンスが止まるくらいの遅さになりながらも何とかゴール。初心者コースゴール後の工事信号に引っ掛かる。

3本目など、登ることに意義がある!のか?というレベルでした。
リドレーに慣れる練習にはなったかもしれませんので良しとします。

この山は前半抑えて後半のきつさに備えるのが定石ですが、結局前半もキツい坂があるので中盤で燃え尽きている方が散見されました。
前半はいかに省エネするか、平坦で飛ばすようにできるかがコツかと。
後半は神社先の長い登りを終えたら一休みするも、残り2km看板から先はやっぱりガチになるので踏ん張り、残り0.5kmの嫌がらせのような斜度で出し切って踏み倒す、と。
言うは易し。ですね。
本番はどうなることやら。

なお、1年前は
1本目61分台
2本目60分台
ということで成長はしているのかもしれませんが昨年の本番時よりは遅いですね…
イベント補正を期待して本番は50分を切りたいですが、厳しいか。

そういえば昨年分含めて試走5本で全て工事片側通行の信号に引っ掛かりました。
嫌がらせかという確率です…

image

立ち寄った鳥居の桜は昨年同様良い感じの咲き具合で1人お花見(^ω^)
おつまみはプロテインバーでビール代わりに水。昨年からまるで進歩なし!
…あ!おつまみが昨年より安価な物になってましたorz

そして下山冷えでなのか週明けから体調を崩したまま。このグダグダのまま八ヶ岳に突撃となりそうです(´Д` )

3/29白石峠周辺ときがわライド

白石周回等

4時間7分58秒 91.88km
ルート:物見山-白石峠-定峰峠(下り)-松郷峠-白石峠-高篠峠-物見山
白石峠TT
1本目 29分26秒
2本目 30分58秒

これまで自走にて片道70km越えで行って帰って、という行程だった白石峠アタックでしたが、11月の事故で下道は自粛すべし、ということから物見山まで車で行き、そこからライドスタートという事になりました。
往復80km分の平地走行がショートカットです。

未明発の予定がやや寝坊してしまったため、時間を金で買って(高速道を使って)物見山に着き、そそくさと準備して6時半くらいに出発。
でかい車が欲しいなあ。
image
恰好としては夏用なジャージとレーパン、アームウォーマーでウインドブレーカー。
どうみても3月の恰好ではありませんが、初夏の暑さになるという噂だったので軽装に。

しかし3月の6時過ぎで日差しが無い状態においてレーパンのみで物見山下りは寒すぎ。
指先の無いグローブも凍傷になりそうなくらいの冷え具合。

日中を想定して軽装にしたがちょっとやりすぎだったか。

20km弱の行程で白石峠に到着。やっぱり近い。
一応30分を切ったし、前回より1分以上短縮しましたが、納得いかないです…。
車体も更新、疲労度も低いと、走行距離と条件はそろったのに。
実走不足と今年初白石、乗り慣れていないなどの要因か?
うーん。
勝負平(残り1km)から勝負できないのは相変わらずでした。
image

普段は白石峠を折り返して下山ですが、今日は元気なので右手分岐の定峰方面に。
定峰までの下りは斜度は緩いですが段差やら落石やらで酷い道でした。
定峰からは綺麗な道になってすいすい下って小川町方面を走り、松郷峠に。
峠というからどんなもんかと思っていたら終わってしまいました。
10~14%くらいの斜度になるところはあったみたいですし良い具合ですが距離は短かったです。
道の駅小川町スタートにするなら白石への向かうアップにちょうど良いかもしれないですね。

そんな松郷峠を降りて突き当たりを右折すると白石。左折すると帰宅。

松郷峠は大したボリュームがなかったのでとりあえず右折。

この一周は以前の埼玉国体ルートだそうです。上尾発でこれを2周して上尾に戻るレースとか、プロ怖い。

白石2本目は前半から垂れていたので実走行を積むためという感じでジリジリと。
ダンシングが全然だめです。
リア28Tを使わずでしたがケイデンスが低かったのでむしろ活用すべきだったのか?
普段のローラーが100近いケイデンスなので実走行でのヒルクライムでの数値とのかい離も問題か?
悩みは尽きません。

白石をなんとか終えてそのまま今度は高篠峠方面へ。高篠峠までって登りだったんすね…。
知らずに白石の起点でウインドブレーカーなどを着込んでしまい微妙な状態になってしまいました。

そこから白石麓方面まで一気に下山。結構な急傾斜が続いてきつそうです。
こっちから登るのも楽しそう(?)

白石麓からはいつもの物見山への帰路について、物見山を半周して足の残り具合を確認して終了。
白石2本した割に走れました。
次は白石3本かw

帰宅前SAで休憩、お昼は脂っこいガッツリしたものを行こうと思ったのですがささみ焼き鳥とつくねライスバーガー、あんぱんという控えめメニューに。

いつもヒルクライム後は根拠も無く酷いガッツリした食事で無かったことになりがちですので、せめてもの自粛具合です。

夜はビールに焼きそばを浴びるほど食べた訳ですけど・・・

2015予定

※※3/24更新※※
2015スケジュールを更新しました。
乗鞍の抽選が当たりました。
Mt富士ヒルクライムと並んでクライマーの目標といわれる乗鞍がどんなものなのか、楽しみです。
夏までの前半戦は充実です。出張さえ突っ込まれなければ・・・。
あとは熊谷バーニングマンレースに出ない?
という兄弟オファーがあったので7月末の秩父のヒルクライムは要検討となりました。
7月中に1回はヒルクライムイベントに出てみたいのですが。

【参加イベント】
3/14(土)
 TOKYOエンデューロ(埼玉)
  ⇒4時間エンデューロ男子38位/455チーム
4/19(日)
 ツールド八ヶ岳(長野)
  ⇒エントリー済
5/16~17(土・日)
 榛名山ヒルクライム(群馬)
  ⇒エントリー済
6/13~14(土・日)
 Mt富士ヒルクライム(山梨)
  ⇒参加予定
7/26(日)
 秩父三峯山ヒルクライム(埼玉)
  ⇒検討中
8/29~30(土・日)
 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(長野)
  ⇒エントリー済
9/23(水・祝)
 富士チャレンジ(山梨)
  ⇒兄弟チームで参加予定?
9/26~27(土・日)?
 赤城山ヒルクライム(群馬)
  ⇒日程は予想。まだ正式アナウンス無し・予選(エントリ)参加予定
10/18(日)?
 多摩川源流ヒルクライム(東京)
  ⇒日程、開催有無の正式アナウンス無し・検討中?
11/15(日)?
 龍勢ヒルクライム(埼玉)
  ⇒日程は予定。そもそも開催されるのか・・・開催されるならば参加予定

【目標】
・富士でもう一つ良い色の記念リングゲット
・昨年参加イベントは昨年記録を更新
・もっと山に登る

【その他】
・ロードレース、クリテリウムの類は回避予定(謹慎中w)
・外での練習は目的地付近までデポor輪行を基本として下道をできるだけ避ける(謹慎中w自走の場合は彩湖程度まで)

いまの力では到底目標は達成できなさそうです。仕事の都合もあるのでもっと効率的に鍛え直さないといけません。

TOKYOエンデューロ2015in彩湖 参戦

昨日、天気予報でにわか雨の可能性高し、というのが急に来たのでリドレー&GS ASTUTOカーボンホイール投入の予定を変更してリドレーにアルミホイールのRACING1仕様に変更して準備。

念のため、自分は自走で家族が後から車で来る予定だったのでカーボンホイールは車に積んで、天候など条件が整えば投入ということに。

で、今日の朝、起きると晴天。その後もずっと微風で好天。なんだこりゃ?

とりあえず重役出勤的に7時40分頃現地着。ほんとすんません、兄さん。
今回は兄弟3人チーム。助っ人的な叔父は不参加のため戦力は結構ダウンです…
更に兄弟皆忙しくて練習不足だと自慢しあう有様だったので「今回はボチボチやろうや」というチームミーティングに。

スタート前整列が始まると兄は前から4列目くらいに。ボ…ボチボチじゃなかったんスか?

TOKYOエンデューロ2015 in彩湖
リザルト
男子38位/455チーム
個人記録
第3走/51.32km 1時間26分34秒

チームオーダーは速くて上手い兄が第1走で粘る、繋ぐのを頑張る次兄、トリは負け戦の処理担当に自分という前と同じ感じになりました。

兄はボチボチどころか開始1時間以上、先頭集団に居て16位くらいまで行ってました。
「先頭集団は意外とマッタリしていて長いこと集団が大きかった」とか言ってましてが平均39km/hとかでマッタリとか言われても…

しかし脚が完全につってしまったらしくそのブレーキが掛かって遅れて、次兄にリレー。

次兄の引き継ぎから30分後くらいに家族とカーボンホイールがやってきました。
天候も良さげと言うことで、大至急ホイール交換。
あ!ブレーキシュー交換しないと!
あ!ディレイラーの具合も調整しないと!
あ…この仕様で走ったこと一回もないや…
あ…お腹痛い…

2015-03-14-22-08-16

恐ろしいカツカツな状況。

しかしその割に去年より不備なくリレーできました。去年はスピードセンサー作動しなかったりして酷かったのですが。

どうやら42位くらいまで下がっていたようで、まあまあ気楽にスタート。

「さて1周目は脚を温めつつほどよい集団を探すかね」とコースに出たらいきなり良い具合の集団に遭遇…
いきなりフルスロットルでいきなり180越えの面白い心拍数ですよ(´Д` )
そのまま集団を渡り歩いて千切られて、と落ち着かず1時間弱。
8周目あたりでこりゃ持たなくなりそうとヘタレたところで運良く(?)大渋滞発生でペースダウン。
何とか持ち直すもバテた体力が戻る訳ではなく、何とか走りきるのみでゴール…
結果は4つ順位を上げて38位。

タイム的には兄に勝てたわけではないですが自己ベストは更新です。
11周で平均35km/h超えもなかなかのもんです。昨年は33km/hでしたし(´Д` )
しかし、なかなか深刻な課題も見つかりました。

直線は割とブリッジも上手くできて集団につけますがコーナリングが全然できていません。
必ずコーナリングで差が開いて追いつくのに脚を使ってしまうというザマです。

言うなれば慣らしも終わってないような新車に新ホイールという要因もあるでしょうが、ローラーばかりで実走が乏しいのが一番の原因ではと思います。
もう一点はフォームだめすぎ(´Д` )
背中にラクダのこぶは要らんですが肩付近でかなり反ってしまってます。上体を安定して前傾させられない感じです。
コーナリング、フォーム、いずれも、もっと外を走って積み重ねるべきなんですがこれがなかなか難しいのです。

今のリドレーヘリウムなう

2015-03-14-14-13-12

かっこいいw
これで6.9kgだそうです。

漕ぎ出しが胡散臭いくらい軽くて反応も良いですが、まだまだ乗りこなせてない感じが強かったです。
アンカーはこんな感じがなかったんですが、アンカーは素直だったということですかね。

もうしばらく乗ったらかなり楽しくなりそう(^o^)

走りながら「レース後はどか食いするぞ!!」と思ってましたが、むしろこれからがヒルクライムシーズンなのに終わった気分でどうする!?と意識高い系ヒルクライマーになるべく、サラダタップリの鳥丼とウインナー。

流石意識高い、俺やるな、と思いきや夜は肉祭り。えらいジューシーな。
意識高い系ヒルクライマーは無理でした。

2015-03-14-18-55-22

RIDLEY HELIUM納車

2015-02-21-01-47-58

RIDLEY HELIUMレトロカラーが納車となりました。
RHM9RSと入れ替わりです。

噂通り2015チームレプリカとなりグロスレッドとなっています。
この仕様変更は個人的には最高の結果。
一方、いきなりの変更でマット仕上げのロットベリソルレプリカが欲しかった人だと、これはどうなのかなーという無駄な心配をしてしまいますが。

ちなみにパーツ類はRHM9RSからほぼ全移植ですのであまり代わり映えはありません。画像の状態でざっくり7.3kg。
こんなもんです。やる気なカーボンホイールにしたら6kg台?
自分には十分すぎる軽さです。

2015-02-21-02-51-39

横から見るとクロモリ?と思ってしまう細身なフレームですが前から見ると実はかなりモッチリなダウンチューブ。シートステーも横にブワッと広い感じ。極めてスタンダードな見た目ですが、やはり現代的な設計であるのかなと思います。
ただ、お店の人に聞いた限り、かなりワイヤー取り回しが良くないみたいです。
インナーワイヤーの引きもなかなかアレ。
そんな感じに電動化しろやと言わんばかりの設計のようで、ここだけは減点でしょうか。

店から乗って帰ってきましたが、着替えなど6kgくらいの荷物を背負って私服に近い格好での走行なのでフレームの違いがどうとかそういうのは分かりません。
ポジションはややマイルドになっているので非常に乗りやすかったです。
サイズはXSで小さく仕上げようと企んでましたが結局Sにしました。
それでもコラムスペーサーに余りがあり、シートポストの出方も違和感がなく正解だったかと思います。むしろXSにしていたらかなりコラムスペーサー積んで首長になっていたかも…

後はダンシングでの車体の挙動は凄く素直なのは分かりました。
コルナゴはリズムが合わないとグズグズになるしRHMは脚力ありきの硬さだったので振り回される感がありましたがHELIUMは思ったように振れる感じがありました。
軽さも十分なのでこれはヒルクライムに良さそう(^o^)

2015-02-21-02-52-16

ロットソウダルのスポンサーであるロット社が謳うLIVE YOUR DREAMをあしらってRIDE YOUR DREAMと。
テンション上がります。

これで機材的な言い訳は一切できないのであとは人間が頑張る所存であります。