第30回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍参戦

名目上、ヒルクライベント参戦記事ですが、正直なところ、ただの観光ブログです。

8/29(前日)

先週頭に喉の奥が激痛とか膝痛めるとかプチトラブル。と言っても大したことではなくて、ローラーを普通に回せるくらいの程度。ただ、大事をとって松本駅近くのビジネスホテルを急遽確保しました。
車中泊のつもりだったので手痛い出費です。ということで朝5時起きで下道300kmを行くことに。

行程はGooglemap先生に一任。
この先生、「早けりゃいいんだろ?あ?」という風に割と優しくないルートを選ぶようで、碓氷バイパスや地元民も嫌がるらしい青木峠なんかも組み入れてくれて、まるでセガラリー気分でした。
FF車なのでコーナー出口は無遠慮に押し進むように踏み込んでグイグイと走ります。
・・・マーチで。家族が居たら絶対できない走り方です。

こんな道、ランチアのデルタとかでかっとばしたいなー

とか、そんなくだらないこと考えながら現地着は午後1時。
つつがなく受け付けてraphaで安売りしてたメリノウールの長袖買ったりlotto soudalのボトル買ったりしてホクホク気分。
運転と買い物で今週末のやり遂げた感は90%くらいw

一通り回って松本駅まで戻ってホテルにチェックイン、プチ松本観光して駅前で山賊焼きとかいう体脂肪、カロリー的に危ないものを食べた上、軽くビールまで飲んで就寝。
この時点で99%ほどやり遂げた気分で、翌日に続きます。

image

決戦仕様(サドルバッグとボトルケージ1つ、ライト類が無いだけ)

image

この受付時点ではまだ天気は持ってました

image

松本観光

image

絶好のカメラスポットのとこまでは時間的に入れず

image

四柱神社で好天の願掛け。賽銭ケチったのが不味かったか…

image

から揚げセンターとか言うクールな店で山賊焼きというクールなもの。どう見てもヒルクライベント前の食べ物に見えません。
どうもこんにちは、榛名山のシャンゴ地獄で学習しない俺です。

8/30(当日)

後述の通り会場もどよめく短縮ぶりながら大会自体は行われました。

短縮コース(CP1まで)
20分53秒
52位/149人

朝、というか夜中3時前に起きるとガチな雨。
普段ならホテルでバシッと着込んで出ますが中止という最悪の事態も考慮してウエアは着ないでホテル出発。
山中はなかなかのヤバさでした。
土砂降り、峠、夜中。これは楽しいw

会場には4時頃に着き、程よい場所に駐車して待機です。
普段なら自転車セットして軽くアップがてら走ったりすることもありますが、そもそも車外に出たくない豪雨(´・_・`)

image

アカン。これ、アカン。

5時に運営が可否を判断という事でしたが、協議中という事で結論は出ず。
しばらくしてから、結局CP1から先の道が川のようになって通行止めとのことで大幅な短縮コース&1時間遅れのスタートとなりました。
「雨、普通に降っているけど、これでも開催するとかマジかよオイオイ。きついだろう、それ」
とか思いつつサクッと自転車を準備してウエアに着替えます。

image

やるなら走っとかないといけません。

今年の八ヶ岳下山に比べたら天国みたいな気候です。問題ないです。

もっとも、いきなりダッシュでスプリント的になるであろうヒルクライムとか正直今までやった事ありませんし、結果は考えずとりあえず走ろうと。

image

協議待ちの6時前くらい。待機するバイクも少ないです。

DNSの人が多数で半数以下の出走だったようです。
その気持ちは分かりますが。

image

こんなんじゃ仕方ないすね(^ω^)

時折豪雨になったりするなかでスタートです。
チームのだいすけさん、けんぼーさんに合流してスタートしましたが当然数分で千切れ落ちます。
無理です。
いきなりのダッシュで、心拍が100前後、脚はいっぱい、気持ちだけは前に行きたい、そんなめちゃくちゃな状態がしばらく続いてしまい、へたれて、周囲に脚の合う人数人と抜きつ抜かれつ。
「ようやく落ち着いてきたな」
というところで話に聞いていたリフト小屋。あ、もしかしてこの後がゴール地点?、、、と思ってしばししたらやはりゴール。
「あ、今日はこれで終わりだった。」という感じでした。
もちろん、箸にも棒にもかからない結果です。

なんか今年は全体的にやる気と結果がかみ合わない事ばかりでモヤモヤします。
「頑張って良く走れた!」という気になったのは熊谷バーニングマンレースくらい。
うーん。

練習方法から見直さないといけないような。毎日ローラーしても一人で淡々と回してるだけだから、実際のヒルクライムの変化、周囲のペースに対処できていない気がしています。
本番の内容は薄かったものの、その後の反省、というか考えるところはとても多いレースとなりました。

何とか”家族の理解”という峠をクリアしてロードレースやクリテリウム方面に手を出してみたくなってきた、とかシクロクロスとか。つまり気持ちが脱線気味です。

それにしても、今回は松本城下観光は堪能しましたが乗鞍はまるで堪能できずだったのが悔やまれます。
来年、好天の中で上まで走ってみたいです。

と、その前に次は赤城山です。
自分としては富士に次いで楽しみにしているイベントなので何とか納得できるものになるよう頑張ります。

熊谷バーニングマンレース参戦

3時間エンデューロ/男子ロードの部5位

7/25
何の勢いか、兄と「こんなんあるよ?」と話しているうちに出る事になった本レース。
クソ暑くて有名な熊谷ですが、お日柄のものなので当日の暑さはそこそこで済めば良いな〜とほのかに期待していましたが結果的には全力の猛暑予想…

image

これはもう、前日の時点で辞めたい気分全開でしたが記念参加気分で行くことに。

当日、天気は予想通りの快晴。

image

iPhoneカメラのホワイトバランスも合わない、朝から30度超えです。
もう、開始からグングン暑くなって、撤収の頃にはただ歩くだけで汗が滝のよう。これが日本有数の猛暑地…生死に関わる暑さですね。…ウチの近くも大して変わらないすけど(´・_・`)

image

中の人、大丈夫…?

さて、レースは原因不明な3分押しでスタート。

第1走者は兄。
既に真夏日。路面上は40度くらいですかね…
人が走って良い環境じゃねえなと他人事のように思いつつ観戦。
兄はスタートから30分近く先頭集団に入って走行していました。練習してないとか言っておいて相変わらずの速さです^_^;
その後は先頭からは千切れるもハイペースで刻んで1時間くらいで交代の合図。

第2走は自分。
スタート直前に場内アナウンスで4位に居ると知り、プレッシャー全開の中スタート。
スタート2周は焦ってサイコン計測開始を忘れたり、ラップ切り損ねたりと脳内でドタバタ。
3周目以降は落ち着いて走れました。
暑くてキツイのは間違いないですが、集団走行、コーナーごとのインターバルでそれどころではない感じになりつつ1時間くらい。
呼びかけにも認識は出来ても反応は出来ない有様。

コーナーごとに置いてかれる自分のスキルの無さにぐったりです。
この辺りは山ではなく平地でロードな練習をしないとどうにもならなさそう…

第3走は兄。
タイム的にはやっぱり自分より一回り速い感じ。
後で聞いたら場数を踏めば何とかなるだろ?とか言ってました。いやいや。
30分ほどで脚を攣ったと言うことで急ブレーキして交代。

第4走兼アンカーは自分。
残り20分程度か、ということでそこそこ飛ばして走ることに。
やっぱりUターンに近いコーナーだけは攻略できず早くもトラウマ状態でした。
ボチボチのトレインで引いて引かれて。ヒルクライムも楽しいけど、やっぱりこういうのも楽しいなあ。

終わってみると順位は5位。ですが実際は6番手でした。トップだったチームがピットイン回数違反でオープン扱いになったとか。かわいそうに。

いずれにしてもとりあえず表彰されると言う事で、初の表彰式でした。

順位とか色々不本意な所もありますがなんやかんや言っても嬉しいものです。
そしてゲストの吉澤ひとみさんから表彰状授与。

image

顔小さいー。
なお、過去にリアルでアイドルと遭遇したのは恐らく20年以上前、デパート夏物語のロケのため近くの百貨店で撮影していた西田ひかるくらいw

そんなことはどうでもいいとして、結果的には「良かった良かった」ですが、平均速度で兄より2km/h程落ちている現状、足を引っ張るだけなのでもっと精進しないと駄目と痛感しました。

今後はバリバリロードレースのほうに…
…いや、やっぱりこの手のはリスキーなのでほどほどにしますw

第12回Mt富士ヒルクライム参戦

今回は兄弟家族&母との山中湖旅行の一部となった富士ヒルクライム。
車中泊でとにかくマイペースな普段と、しっかりした宿で過ごすもののペースが掴めない旅行、どちらが良いのか…

前日
娘が体調怪しげと言うことで病院に寄ることに。
高速に乗ると大渋滞のようで別ルート迂回。
なんとかホテルに着いたので受け付けに向かうと派手な渋滞で自転車も思うように進めず夕飯の予約に間に合わず…
割と会場まで距離もあり、40km程度ゆるゆると。
と言っても無駄に足を使ったような。

思うようにいかないことばかり。

夕飯は普段節制な食事なのに、こんな日にガチな中華。

image
image

なんかすげー。

美味しいですが、ヒルクライム前日になんだろうこれ。
とりあえず部屋に戻って緑のビールを追加して就寝。

当日
結果1時間16分12秒

やっちまいました(´Д` )
昨年から2分以上更新で喜ぶべき結果ですが、あくまで目標は75分切りだったわけで、そうなると残念でしたと。
これで銅リングが3つ。88分、78分、76分。
おかしい…今年は68分だったはずなのにw

しかし銅リングばかり3つとか、ヤフオクにでも出したいくらい。こうなると。

スタート前はチームの皆さんとお会いして話ししたりしていたら、やる気な第3グループも出発時間。
スタート後からゴールまで、いろいろありましたが特に書くほどのことはなく。
最後の平坦で乗り切れずだったなど反省はありますが、基本的に力不足でした。
毎度ですが試走でグズグズ、本番ではタイムが良くなり、試走とかけ離れてしまうのはどうかと思います。

そしてゴール後はそのまま下山方面に向かい下山パトロール隊の受付に。
ちょっと広い休憩場所も使えてぼちぼちの待遇の良さ。

image

下山待ちで持て余す時間があったためこんなの買ったり。

image

そして下山していつものうどん食ってボトルとか靴下買って兄の車でホテルに戻り、家族と合流。

image

奇抜すぎるほうとう屋さん。

image

暴食です。でかい鍋ごと食べ尽くしました。
その後は高速で大渋滞にハマり帰りが遅くなったので、夕飯はショッピングセンターに。

image

引き続きガチ食いです。

さらに帰宅してビール。もう今日は良いんです。

今後
シルバー行けたらひと段落と思ってましたがこのザマなので明日から仕切り直しです。
目標は来年70分切り、と言うことで自分を追い込みます。
とはいえ、来年さらに増員とか現状から改善が無さそうとかなら来年はイベント参加自体見送るかもです。
今年は人が多くなったからかダメな感じのところが多く目立って微妙でした(´Д` )

第3回榛名山ヒルクライム参戦

前日

image

遊びで家を空けるとはなんたる事か!という、いつものノリで今回もカレーとかを作って出発。
イベント前泊の場合、1週間前に検索して安い宿が空いていた場合は押さえますが、無理だった場合は車中泊に。今回は空いていたのでビジネスホテル泊に。

会場着はギリギリで受付してホテルに、、、かなり近くにシャンゴ本店が。
しかしシャンゴの誘惑に打ち勝ってコンビニ飯にしたものの、爆買いしてしまい結局なんのためにシャンゴを止めたのかわからない量を買い込んでしまう始末(´Д` )

適当に食べて飲んで就寝。ビール2本は失敗でした。自分には過剰摂取だったかアルコールが長いこと、まるで抜けません…

当日
50分49秒(男子30代 155位/1320)

4時前にホテルを出て駐車場に向かうと渋滞気味。ダラダラ自転車組んだりしてアップがてら会場に行こうとするも、ここでも渋滞。
全体的に人が多いので大変でした。

チームの皆さんとお会いして待機場所に。
やりすぎなタイム申告により正直、場違いな一般最速ブロックになってしまい萎縮しっぱなしです。

スタートして展開は、と言う偉いものはありません。
自分の目標との勝負です。これまでの試走や昨年の結果から50分切りを目標として目安タイムを考えてきました。
10kmまではオンタイム。
榛名神社でペースが落ちてきてゴールでは1分弱アウト。

前半頑張って、そして分かりやすく後半に脚が終わりました。
情けないー。

普段のローラーで30分踏み切りにしているのが多いせいなのか、負荷高めに続けると30分あたりから脚がダメになるのがわかります。

富士までになんとかせねば…

image

ゴール後の待機場所でかなり待たされる感じ。いっそ別のルートから下山したい気分。

image

しかし相変わらずヤバいレベルのおもてなし具合。
きゅうり、トマト食べ放題、甘酒飲み放題、お米、ジュースほかお土産多数。
これに1000円分の金券付き。

下山の時も沿道に人がいっぱい。
素晴らしいです。
かなり待たされてからの下山、表彰式と見て、なしくずし的に帰宅しました。
なお、お腹が痛いのと向かい風具合がきつそうなので試走は断念。残念。

image

座敷バイクはキッチリ掃除しないと家に入れません(ー ー;)

掃除しながら何だか悔しい気分でいっぱいに。
リザルト的には何の箸にも棒にもかからない物ですが、あと1分、もう少しなんで頑張れなかったか。
ああ楽しかったけど悔しい(´Д` )

第29回ツール・ド・八ヶ岳参戦

昨年と同じ感じに夜中3時に起きて出発し、6時過ぎに現地の駐車場となるグラウンドに到着しました。

昨年は着いた瞬間、外に出たくないほど寒かったですが、今年は「散歩がてら受付まで行くか」と思うくらい寒くなかったです。
image
 
咳やら腹痛やらありましたが受付、自転車の準備も終えて試走してみると案外大丈夫そう。しかしふと天気予報を見ると午後早いうちに雨と予報が悪化…
そんな装備品持ってきてないし、降られたらそれで諦めようと。
ちなみに参加賞は相変わらず実用性の高い物です。
image

結果:1時間24分22秒 43位/157人中

だそうです。
昨年より4分短縮、参加者が増えたので順位はひとつ落としました。微妙。
予想通り草津が無い分、皆さんこちらに来たようで、ガチ具合が増した気がします。
image
昨年よりだいぶ雪が少ないですね。

1時間20分は切るつもりだったので結果的には失敗です…

レース自体はスタートから出遅れて展開も何もなく、10km通過時点で予定から3分遅れだったので、もうこの時点で残念な感じ。
さらにハーフコース後にサイコンがお亡くなりになってしまい、距離や時間が良く分からなくなったので周辺の勢いに任せる感じにしていました。
終盤の下りからゴールまでのコースは覚えていたので、下りからゴールまではちゃんと走れました。
昨年、ここでズブズブにやられましたが、今回は目に付く前走者は皆かわせて楽しかったです。
随分足が余っていたとも言います…。

ただ、結果として4分遅れで済んでいると言う事は、前半大きく遅れた割には後半持ったのかと思われます。

ゴールから会場まで下山し、レストランでチームのみなさんと合流。
きのこ汁を貰ったりおこわを食べたりして、次元が一回りも二回りも違うチームの方の表彰式に。
おめでとうございます!

下山時は雨で冷えっ冷え、撤収するも自転車を車に積むために汚れなどを拭いたり、着替えたりしてやっと帰宅路へ!
と思ったらそこらじゅうで渋滞。なんだか疲れました。

昨年末の骨折明けでどうかなあと思って臨みましたが、滑り出しとしてはなんとも微妙でした。
ハルヒル、富士と頑張らないといけません。

特に富士は兄がリベンジに燃えていて、これを返り討ちしないといけませんので大変です。

2015予定

※※3/24更新※※
2015スケジュールを更新しました。
乗鞍の抽選が当たりました。
Mt富士ヒルクライムと並んでクライマーの目標といわれる乗鞍がどんなものなのか、楽しみです。
夏までの前半戦は充実です。出張さえ突っ込まれなければ・・・。
あとは熊谷バーニングマンレースに出ない?
という兄弟オファーがあったので7月末の秩父のヒルクライムは要検討となりました。
7月中に1回はヒルクライムイベントに出てみたいのですが。

【参加イベント】
3/14(土)
 TOKYOエンデューロ(埼玉)
  ⇒4時間エンデューロ男子38位/455チーム
4/19(日)
 ツールド八ヶ岳(長野)
  ⇒エントリー済
5/16~17(土・日)
 榛名山ヒルクライム(群馬)
  ⇒エントリー済
6/13~14(土・日)
 Mt富士ヒルクライム(山梨)
  ⇒参加予定
7/26(日)
 秩父三峯山ヒルクライム(埼玉)
  ⇒検討中
8/29~30(土・日)
 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(長野)
  ⇒エントリー済
9/23(水・祝)
 富士チャレンジ(山梨)
  ⇒兄弟チームで参加予定?
9/26~27(土・日)?
 赤城山ヒルクライム(群馬)
  ⇒日程は予想。まだ正式アナウンス無し・予選(エントリ)参加予定
10/18(日)?
 多摩川源流ヒルクライム(東京)
  ⇒日程、開催有無の正式アナウンス無し・検討中?
11/15(日)?
 龍勢ヒルクライム(埼玉)
  ⇒日程は予定。そもそも開催されるのか・・・開催されるならば参加予定

【目標】
・富士でもう一つ良い色の記念リングゲット
・昨年参加イベントは昨年記録を更新
・もっと山に登る

【その他】
・ロードレース、クリテリウムの類は回避予定(謹慎中w)
・外での練習は目的地付近までデポor輪行を基本として下道をできるだけ避ける(謹慎中w自走の場合は彩湖程度まで)

いまの力では到底目標は達成できなさそうです。仕事の都合もあるのでもっと効率的に鍛え直さないといけません。

TOKYOエンデューロ2015in彩湖 参戦

昨日、天気予報でにわか雨の可能性高し、というのが急に来たのでリドレー&GS ASTUTOカーボンホイール投入の予定を変更してリドレーにアルミホイールのRACING1仕様に変更して準備。

念のため、自分は自走で家族が後から車で来る予定だったのでカーボンホイールは車に積んで、天候など条件が整えば投入ということに。

で、今日の朝、起きると晴天。その後もずっと微風で好天。なんだこりゃ?

とりあえず重役出勤的に7時40分頃現地着。ほんとすんません、兄さん。
今回は兄弟3人チーム。助っ人的な叔父は不参加のため戦力は結構ダウンです…
更に兄弟皆忙しくて練習不足だと自慢しあう有様だったので「今回はボチボチやろうや」というチームミーティングに。

スタート前整列が始まると兄は前から4列目くらいに。ボ…ボチボチじゃなかったんスか?

TOKYOエンデューロ2015 in彩湖
リザルト
男子38位/455チーム
個人記録
第3走/51.32km 1時間26分34秒

チームオーダーは速くて上手い兄が第1走で粘る、繋ぐのを頑張る次兄、トリは負け戦の処理担当に自分という前と同じ感じになりました。

兄はボチボチどころか開始1時間以上、先頭集団に居て16位くらいまで行ってました。
「先頭集団は意外とマッタリしていて長いこと集団が大きかった」とか言ってましてが平均39km/hとかでマッタリとか言われても…

しかし脚が完全につってしまったらしくそのブレーキが掛かって遅れて、次兄にリレー。

次兄の引き継ぎから30分後くらいに家族とカーボンホイールがやってきました。
天候も良さげと言うことで、大至急ホイール交換。
あ!ブレーキシュー交換しないと!
あ!ディレイラーの具合も調整しないと!
あ…この仕様で走ったこと一回もないや…
あ…お腹痛い…

2015-03-14-22-08-16

恐ろしいカツカツな状況。

しかしその割に去年より不備なくリレーできました。去年はスピードセンサー作動しなかったりして酷かったのですが。

どうやら42位くらいまで下がっていたようで、まあまあ気楽にスタート。

「さて1周目は脚を温めつつほどよい集団を探すかね」とコースに出たらいきなり良い具合の集団に遭遇…
いきなりフルスロットルでいきなり180越えの面白い心拍数ですよ(´Д` )
そのまま集団を渡り歩いて千切られて、と落ち着かず1時間弱。
8周目あたりでこりゃ持たなくなりそうとヘタレたところで運良く(?)大渋滞発生でペースダウン。
何とか持ち直すもバテた体力が戻る訳ではなく、何とか走りきるのみでゴール…
結果は4つ順位を上げて38位。

タイム的には兄に勝てたわけではないですが自己ベストは更新です。
11周で平均35km/h超えもなかなかのもんです。昨年は33km/hでしたし(´Д` )
しかし、なかなか深刻な課題も見つかりました。

直線は割とブリッジも上手くできて集団につけますがコーナリングが全然できていません。
必ずコーナリングで差が開いて追いつくのに脚を使ってしまうというザマです。

言うなれば慣らしも終わってないような新車に新ホイールという要因もあるでしょうが、ローラーばかりで実走が乏しいのが一番の原因ではと思います。
もう一点はフォームだめすぎ(´Д` )
背中にラクダのこぶは要らんですが肩付近でかなり反ってしまってます。上体を安定して前傾させられない感じです。
コーナリング、フォーム、いずれも、もっと外を走って積み重ねるべきなんですがこれがなかなか難しいのです。

今のリドレーヘリウムなう

2015-03-14-14-13-12

かっこいいw
これで6.9kgだそうです。

漕ぎ出しが胡散臭いくらい軽くて反応も良いですが、まだまだ乗りこなせてない感じが強かったです。
アンカーはこんな感じがなかったんですが、アンカーは素直だったということですかね。

もうしばらく乗ったらかなり楽しくなりそう(^o^)

走りながら「レース後はどか食いするぞ!!」と思ってましたが、むしろこれからがヒルクライムシーズンなのに終わった気分でどうする!?と意識高い系ヒルクライマーになるべく、サラダタップリの鳥丼とウインナー。

流石意識高い、俺やるな、と思いきや夜は肉祭り。えらいジューシーな。
意識高い系ヒルクライマーは無理でした。

2015-03-14-18-55-22

龍勢ヒルクライム中止

残念ながら今年の龍勢ヒルクライムは中止ということです。

http://sunday-sunday.net/race/2014/ryuusei-cyuushi.pdf

個人的にヒルクライム2年生は赤城山で終わってしまいました…
いまからエントリーできるのは無さそうですし、当面のモチベーションが(-_-)

セオフェス、 バイクロア、大磯クリテなど、ヒルクライム以外ならイベントはありますが、どうしたものか。

龍勢ヒルクライム情報

今だ募集も無く、開催日も「11月16日”予定”」という怪しい雰囲気の龍勢ヒルクライム。

自分としては赤城山でヒルクライム2年目が終わりなのか龍勢まで続くのかはっきりして欲しいところです。
温めていたANCHORアップデートのタイミングにも響きます。

ネットの噂ではもうやらないらしいとか色々飛び交ってますが、そのレベルのもんを半信半疑で受け取るくらいなら直接聞こう!
ということで事務局にメールを投げてみました…

1時間もかからず即答。
このレスポンスの良さで運営してくれんかな…と思いました(^_^;)
それは置いといて、事務局曰く、

・地元との調整があり、まだ開催決定に至っていない
・開催、非開催は近日告知予定

ということでした。
「もうやる気ないよ!」と言うことでは無さそうで、逆に事務局側はやる気なのかな??という感触を得ました。
ただ、告知に「非開催」も匂わすあたり、交渉がうまく行ってないのかな…

とりあえず開催楽しみにしてますね!と激励の返信をしておきました。

しかし、「もう龍勢やらないならとっととアップデートしてしまえ。来年は諸事情で、大きな買い物もメンテの時間も取れ無さそうだぞ!」
と勢い任せにバシバシ発注したパーツ類(当然家族には内緒)が週末あたり届きそう(´Д` )

届き次第とっとと改造に着手して人知れず部材を片付けて何もなかった事にしたい予定でしたが、龍勢があるならそこまではいじりたくない気持ちも…
どうしたもんか悩みます(家族に内緒なので)

第4回まえばし赤城山ヒルクライム参戦

昨年に続き赤城山ヒルクライムに参加しました。

2014-09-28-05-54-49

快晴でしたが風が強くてきつい。

今回の前泊は車中泊で思いのほか寝付けずでしたが当日は割とスムースに準備できて会場入りしました。
チームのみなさんとも何とか会うことができました。

申し込みで参考タイムのサバを読んだせいでエキスパートの次、ガチな第二グループでスタートです。

1時間17分01秒一般男子B 104位/692

散々な試走2回のあとにしては上々でした。昨年からは5分短縮です。

しかし試走から20分近く違うとか、何か試走時の走り方が間違ってるとしか…

終わってみるともう2分で15分切れたのにー、とか、順位二桁までもう少しだったー、など惜しい感じです。

展開など大それた物は無いですが、来年への備忘録としては
→8kmくらいまでは速いペースに着いて頑張る
→姫百合橋あたりまでに終わらないよう中盤は体力とご相談しながら頑張る
→終盤は頑張る

ということで。

レースも終え、チームの皆さんに合流して下山。
年代別入賞されたdaisukeさんの表彰式→現地解散という流れでした。
おめでとうございます!

2014-09-28-15-05-42

そして、ふらっと来年の第5回まえばし赤城山ヒルクライムの試走決行w

1時間38分43秒

流石に足が回りません。途中止まりそうになりながら何とか登頂。

むしろこれで良いタイムが出たら本番お前は何やってたんだよ?という感じなのでこんなものかと。

来年は私的に忙しくなりそうですが、もっと上を目指して頑張りたいと思います。