榛名山試走と体重測定

と言うことで?ハルヒルにエントリーしてしまっているのに沖縄以来まともに峠の一つも登っていないので12日、榛名山に行ってみました。

エアロロードで舐めプできるほど剛脚ではないのでクライミングなHelium w/GS ASTUTO SE33という軽量仕様で行くしかない!・・・と思っていたのですが、改めて重量測定してみると6.7kg。

(・3・)えー重いー、、、と思ってしまったのはやや病気ですかね。

でも、サドル&ポスト&フォークいずれもバカみたいに軽量モデルになっていて、後やるならブレーキくらいっしょwww
とか思っていたのでこの重量はやや意外ではあります。

原因は判っていて、タイヤを普通のやつに戻したこと(富士ヒルあたりではveloflex recordという尖った石踏んだら即死しそうなやつだった)、クランクとペダルがデュラからアルテに戻った、ということが大きそうです。フォークもリペアしましたが、これはもとのやつも軽いのであまり影響がなかったか。

話はハルヒル試走に戻りますが、ここ2年はマンションの役員絡みでかなり予定が潰されていました。ハルヒルも御多分に漏れず都合がつかずエントリーしていませんでした。しかし今年からはマンションのお仕事の任期が終わり解放されたため久々にエントリーです。


さて、2年ぶりの榛名山でしたが、とりあえず2本とも足を付かずに登れたので良かったです。1本目は一応真面目にやってみて、信号待ちでロス2分含めて56分。試走の割にぼちぼち?で、2本目はただ登るのみ、流しのペースを意識していたら余裕の60分越え。詳しいタイムはみてませんがぐずぐずなのは違いないです。
いやいや、やはりこのコースはエグいですね。前半に下りセクションがあったりしてノリノリでいけそうなのに、調子乗って消耗すると後半残り3kmにほぼ息抜きできる斜度はなく、どうにもならなくなりがち。何度幻の12速めを求めてシフトチェンジを試みたことかw

タイムだけ見ると本番もベスト更新できなさそうな雰囲気全開ですが、今回は楽しめれば良い&フジと秋に向けてのトレーニングの一環、とほぼ投げてるのでどうとでも。まあ楽しもう。


しかし思い返すと体重は今より5kgは軽かった3年前のタイムから1分程度しか落ちてないと言うのはどうなのかと疑念を抱きました。
「ヒルクライムは軽さが正義」とはなんなのか?本当なのか?と。と言うことで(?)とりあえず第二のネタになりますが、重量について手持ちのアイテムを見直してみました。

車体:
Helium 6.7kg (Wheel GS ASTUTO)
AERODA 7.3kg (Wheel Campagnolo WTO45)

うむ、こう並べても比較もなんもできん。案外AEROAD軽いな、くらいしか分からん。
と言うことで次に手持ちホイールの重量計測してみました。

WTO 45 w/IRC FORMULA PRO RBCC
F/R 963g/1356g TTL 2319g
GS ASTUTO SE33 w/Vittoria Corsa CX3
F/R 743g/1094g TTL 1837g
[参考]PRIME BE28 w/IRC FORMULA PRO RBCC
F/R 939g/1406g TTL 2345g (シーラント60ml込み)
いずれもスプロケ込み。PRIMEのみアルテグレード。

やっぱりGS ASTUTOは軽いです。他と500gは違うと。
さらにタイヤを軽量物にしたらもっと軽くなると考えるとやはりヒルクライムメインの時はHeliumにASTUTOか・・・!と思ったのですが、これ、車体の重さ込みで考えると、むしろ、「Heliumそんなに軽く無くね?」疑惑がw

そう、計算上、AEROADにGS ASTUTOつけたら6.8kgとなります。十分軽い。

と言うか、更にサドルをHeliumのと同じS-worksのにしたら100gは減って差異なし・・・あれー?

結果を踏まえると車体も乗る人間も、「軽さが正義」理論で進めるのはどうなのかと思ってしまう感じです。
実際のところAEROAD一台で全部賄えるんじゃない?とか過度に自身を減量する意味あるの?とか。この辺りはなかなか難しい。

今年は桜の季節を逃しました。 しかし榛名山はヒルクライムへの地域の協力体制が素敵ですね。2年空けただけでも結構雰囲気が変わったなと思いました。母の日というのを忘れてはいけない。ラスクにしようと思いましたがそれはまた今度。

10day Holiday

時代の切り替わりには何をしていたのか?というメモ。
4/26
午後からでしたが仕事を切り上げて前倒してGW突入です。
娘の授業参観と車のメンテナンスという難しいミッションだったので有給休暇w
4/27
妻&娘が友達ら遊びに行くという事でマリンバを堪能したとのこと。こちらは自由行動だったものの天気が微妙だったので昼ローラー、おなかが空いたので雑な昼食、午後ローラーという酷い一日。
4/28
GWは埼玉で行ったことのないところへ、という事で川越に行くことに。
昼食で何となく入ったところが当たりでした。なおいわゆる小江戸、お菓子の通りなどは半端ない混雑でした。
4/29
昼前にちょろっと海までAEROADで弾丸ライド。おや?格好良い自転車ですねwその後家族で27日にいった近場のセンターにて遊ぶ一日。
4/30
妻の叔母のお宅に遊びに。甥など小さい子供たちが大騒ぎ。普段最年少の娘が一番上という構図に違和感w
5/1
後半の部は実家帰省。BBQをキめようとしたものの天気が怪しいという事で延期となり、ゴロゴロした後子供向けな回転するお寿司を暴食。
5/2
BBQということで暴飲暴食。こんな便利なもんがあるんか…BBQ良いかも。ところで最近、自転車よりとある活動が忙しい長兄、明日から研修とのことで話を聞いてみることに。自転車を絡めた話はしていないですが。
ボランティア同然な今の活動に傍から見ると「?」という感じでしたが、本人のやる気を伺い知れて口出しは無粋だなあと理解。正直チャリなんぞに比べたら社会貢献度は計り知れない感じですし、やりがいはあるんだろうなあ。
暴食がやばいのでローラー台を借りて夜な夜な物置内でローラー。zwiftはおろかパソコンも音楽も電灯もないという環境。視界にあるものはサイコンのみ。音は扇風機とローラー台のノイズのみ。すごく新鮮ですがすごく苦行。以前は普通がこんなもんだったんだよなあとしみじみ。今の時期はまだ蒸し具合も耐えられるけど、夏の帰省の頃は無理ですね。蒸し殺されてしまう。
5/3
昼間は近所のショッピングモールで子供たちの買い物お付き合い。その後改めて一人で買い物に行き母の日の花やら自転車の微妙な部品を買ったり酒を買ったり。
夜は家で揚げるカツ。子供のころは外で食べるとんかつこそ御馳走って感じでしたけど、今となるとなんと家とんかつが美味しいことか。何とも考えさせられます。
なおこの10日はほぼ飲んでました。アカン。言うまでもないですが夜中はローラー。ですが出力が出ません。ローラーの違いか、ROTORの楕円クランクによるものか。
5/4
当初はこの日は川沿いの施設に行ってクラゲ展を見ようという話でしたが異様な混みっぷりで現地まで行くも車を停めることもできないので退散。結局レストランに飛び込み肉とパンを暴食。その後は子供たちの買い物お付き合い第2弾でショッピングモールへ行ったりするくらい。
夜はたこ焼きを暴食。そしてローラー。正直カロリー摂取>消費なのでハルヒル黄信号。いや、赤信号。
5/5
甥たちが友達と映画に行くというので「うちも行くか!」ということに。
甥たちはハリウッド版ポケモンを観るらしく、同じのを行くかと考えるも、改めて考えると実際のところピカチュウくらいしか知らないので、まだ分かるクレヨンしんちゃんを観ることに。意外と楽しめましたw
帰宅後は手巻き寿司をいただく、というか暴食。
そしてローラー。なんかもうローラーやるノリが家と変わらないっていう。やはり強度的には緩めに近いのに全然できません。衰えたか、機材の違いか・・・
5/6
ギリまで粘り最終日に帰りとなりました。とくにイベントはなく実家ゴロゴロ。
昼にパンを食いまくったのに夜も時間が無かったので外で餃子&刀削麺のようなもの。酷い暴食ラッシュ・・・。

帰宅後、一杯ひっかけるかと思いましたが体重計に乗ると目標+5kg。連休前から+3kg。これはオワタwwwという事でローラーして終わりでした。

ハルヒルまで2週間弱でこれは無理か。
ターゲットは9月以降と決め込んでいたので、元々今年前半は本腰のつもりではなかったですが、そうは言っても流石にこの状況では出る意味があるのか怪しいレベルです。

というか10日間で結局実走は1日、50km。今年は外で走るぞって言ってたのに今まで以上に駄目。やっぱりzwiftは危ないツールだ。「zwiftで良いや」が本格的に定常化してきました。

Canyon AEROADを組む1

猛烈に忙しかったのでCTLも劇的に低空飛行で今年は絶望かなというくらいの勢いです。
「トレーニング不足かもしれないが疲れは取れて良いパフォーマンスが出せるのでは?」などと楽観視できるかと思いきや、むしろ心身疲労が凄くてどうにもなりません。

それはおいといて、これまでブログでチョロチョロ出していた新車組立も、あとは乗り込んでみてコラムを適正にカットすれば終わりというところまで至ったので、ざっとまとめておきたいと思います。 “Canyon AEROADを組む1” の続きを読む