妄想ポジション出し

canyonはお店にちょっと足を運べば見られるメーカーではなく、イベントなどでしか展示、試乗する機会がないのですが、それを待っていたら狙いの色とサイズが無くなってしまうでしょう。

気になるのは各部寸法とセッティングの具合です。
取り寄せたもののサイズが合わずセッティングが出せなかったら元も子もありません。
今あるデータはridley heliumの実セッティング情報。
特にセッティングは破綻しておらず、ちょっとジオメトリーに不満、改善したいところはあるかな?というレベルなのでこれを拠り所にします。

夜中に帰ってきてまた頭を使う。中学生並みの内容でもぐったりw

各部寸法にステムの長さやサドル高も加え、ハンドル落差も計算しました。
結果、AEROADのSサイズだと今のheliumより数ミリだけハンドルが手前に来て高さは低くなる見積もりとなりました。
Sサイズでは許容範囲内ながら全体的にやや大きめなんですが、その下のXSにするとハンドル高が相当低くなってしまうと。

コラムスペーサーを沢山入れれば何とかなりそうですが、明らかに失敗感のある感じになるのが想像できるのでXSは厳しそう。

こういう妄想が楽しいんですよね。
自分だけ?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください