日課と義務のローラー

ほぼ毎日ローラーしていますが、週後半は思うように力が出なくなります。しかし、なんとなく回してしまう始末で、疲れているのに5分5倍5本というzwiftのワークアウトでいうgorbyとやらに挑戦したり、明らかにダメなのは分かっているのに30分ほどで半分はL4〜L5で占めるワークアウトを突っ込んでみたり。

疲れてるなら休めば?という話なのですが、本当に疲れてきても「疲労があるから軽めにL3あたりで・・・」と、結局回しています。

疲労はあっても辛くないのと、自分で決めた最低限のワークアウトにおける目標が達成できているウチは休まないでいいでしょうというザマです。

前は痩せなきゃ…とかイベントに向けてレベルアップしたいぞ、みたいな目標があったために義務的にどうにかチャリを跨いでローラーを回す、という感じでした。

しかし、今は別に体重も現状維持で良いし、当面イベントもありません。特別に頑張る必要も特にないのになぜか?という感じですが、どうにも自転車漕ぐのが日課的になってしまっているようです。

ヘロヘロなワークアウトでもそのあと通常の活動で調子が良い気がするんですよね。むしろ休むと翌日の気分はイマイチ。

ただ、ゆるーいワークアウトだった翌日とか完全休養の翌日は明らかに足は元気で漕げるのでやっぱり無理は禁物なんでしょう。

休みもトレーニングと言いますが、日課となったものを止めてしまうのも考えものでバランスの取り方が難しい。

本とかを読んでも結局人それぞれなので自分にとっての正解かどうかよくわからないですし。何かしら「これ!」という勝ちパターンがあれば良いんですけどね。

・・・勝ったことないからなぁ(´Д` )

全然関係ないですけど、某海外通販でタイヤ買ったらグミが同梱されていました。今まで7,8年利用していて一回も入っていたことが無かったのでネット上の都市伝説的なネタに違いないと思っていました。でも、裸で入ったタイヤに挟まっていたのでゴム臭がすごい。そして何味かよく分からない見た目・・・大丈夫?これ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください