KTCのトルクルを買ってみた

カーボンパーツを扱うにあたり、いい加減まともなトルクレンチが欲しいと思っていたのですが、何となく格安で買った古いやつでそれっぽく使えていたので手を出さずにいました。

そんな折、KTCのトルクルなる商品を発見。

普通のラチェットレンチのソケット部に咬ませてBluetoothでスマホやタブレットと繋ぐと、今のトルクをスマホで表示するというハイテクなデジタルトルクレンチ。すごい時代。

手持ちのトルクレンチは指定トルクに達するとカチッと反応するメカなタイプのやつでしたが、コレがたまにカチッと言ってくれずにオーバートルクとなってしまうことが多々あるし、そもそもの値がどうも信用できないな、と感じていました。
そんな精密工具、意味がないw

過去にオートバイをいじっていた頃は手トルクだのテルクレンチだのと、早い話が勘でやって案外問題なくできていました。

しかし軽量に振った自転車のカーボンパーツを感覚やら不審なトルクレンチやらで締めあげるのは流石にやばいかな、ということでポチー

コンパクト。
ラチェットにつけるとこんな感じ。

電源入れて専用アプリで接続するとスマホがデジラチェの表示器となると。指定したトルクに近づいたり超えたりするとバイブやアラームでお知らせしてくれるという感じです。

実際使ってみるとコレがなかなかいい感じでした。工具を選ばない、既存のものが使えるというところが良い。
強いて言えば測定できるレンジが狭いのが玉に瑕ですかね。もっと高トルクのものは別のモデルを買い直しなさいと。ここだけ惜しい。

なお、規定トルクを4Nmに指定してみたらこんな感じ。

4Nm超えて怒られている図。
思った以上にヌルヌル動いて反応も良いです。
がっちり作業する時にはどこかにタブレットを固定して、それをみながら作業するのが良さそうです。なんだかハイテク風な作業場になりそうw

そういえば仕事柄感じたことですが、製品の状態を観ると突っ込んだことは言いませんが急ぎじゃない人はもう少し時期が経ってから買った方が良いかもなあ、と思いました。

なお手持ちのトルクレンチにコレをつけて使った結果、既存のトルクレンチはおよそ指定値より0.5Nmほど低く見えていたようです。概ね外れていませんね。

...あれ?これ既存のやつでもそれなりに大丈夫だったんじゃ??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください