利根川サイクリング

7/15

3連休中日で快晴という絶好のサイクリング日和(37度)に埼玉から群馬に向かうという夏満喫な行程のイベントに参加しました。

大宮の北の方の駅集合→利根川付近でお昼→利根川を渡り、渡し船で戻り鴻巣で解散という、企画的には60kmくらいの流れ。

なかなか国際的なメンバーでペースも25km/h~30km/hあたりで休みを入れつつ程よく楽しみました(37度)。

行程は60kmド平坦でしたが、企画前後の単独での往路復路の方は60km以上あり、さらに復路はちょうど高温の昼下がりを日陰なしの中、荒川沿いをノンストップで楽しみました(37度)。

なにそれ罰ゲーム?と思われそうですが、普段、

「ぼっちで黙々と彩湖を回る」

「ぼっちで黙々と白石峠に向かって物見山の自販機で無駄に冷え冷えなランチ(カロリーメイト)を買って、白石峠を登ったと思ったら降りてそのままランチ食べながら黙々と帰る」

とか、、、あとは

「朝晩コンスタントにローラー台で吐きそうになりつつ漕ぐ(稀に吐く)」

などと言った類の苦行が大半なのでグループで走るのはなんと楽しいことか!という感じでした。これこそ自転車の楽しみ方だよなあと思いました。今更。

またよろしくお願いします。

ところで今回、消費カロリー的には2,000kcalくらいでした。相当の水分も塩分も摂ったのに体重が1kg以上減っていたのは不思議。猛暑恐るべし。

運動強度として見ると1日通して普段のローラー90分の強度に満たない程度でした。

今回の帰り道なんかは暑すぎるのでガンガンにかっ飛ばしたくなる気分でしたが、暑さで行き倒れかねないので、とにかく抑えて一定ペース厳守を心掛けていました。こういう時にもパワーメーターは便利です。良くも悪くも機械は嘘をつかない。

こうなると全チャリにパワーメーター付けたくなってしまいますw

先ずは立ち寄ったまんじゅうやさん。思わずおかわり。
そしてお昼。ホンモロコの定食。食べやすくて非常に美味でした。
佇まいからして間違いない。
利根川の堰で魚道を遡上する様を横から眺めるという。もぐもぐタイムですね。
利根川の渡し船。無料!
しかし暑い。
ツーリング装備なのに決戦仕様。いや、ホイールは練習仕様。しかしブレーキ面がもう磨り減ってやっぱりダメっす…
北鴻巣で解散後、荒川沿いに出てひたすら南下。ほとんどサイクリストは居ませんでした。
あ、いや、彩湖に着いたら最近よく見る愛車品評会が今日も行われていたらしく、沢山の凄そうな自転車がいました。中にはガッチガチのエアロヘルメットにTTバイクの人まで。みんな学生さんくらいに見える若そうな人ばかり。凄いなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.