第15回Mt富士ヒルクライム参加

先日、富士ヒルクライムに参加しました。もう早6回目の参加です。
第10回大会から4回連続ブロンズ(75分〜90分)続きでしたが一念発起、昨年には念願の75分切りができてシルバー(65分〜75分)を達成しました。嬉しかったなあ。
今年はゴールド!っていうのはここまでの様子で絶対無理とわかってましたので、せめて昨年を超えられたら御の字かなというつもりでした。

そして、結果は昨年比-40秒弱の72分台。

シルバーだし記録も更新したし、7000人超のうち400番台と考えてみたらなかなかじゃないかって気もしますが、何だか微妙…
改めて考えると年始からチャリ漕ぎまくってたと思ったのに、これまで何やってたんだ?お前は?と。
…何やってたんだろ。

とりあえず備忘録。

前日メモ
・いつも通り家事などした後、夕方現地着。会場には車乗り込み禁止という事で、北麓駐車場に行ったら混雑で無碍に入場お断りされたので急遽、ホテルでチェックインしてホテルに車停めて大急ぎで自走で会場に行くことに。
会場付近をみると路駐だらけ。どうなのこれ?
・なんとか会場で受け付けてから、夕飯にとタベルナエスキーナでカレー。明日朝のためにオートミールクッキー購入。このクッキーは間違いない。
・今まで過酷な減量をしていたわけでもないのにホテルで暴食開始。
・夜のビールは500缶1本に抑えた(そもそも飲むなと)
・10時前に寝ようとするも失敗。部屋のタバコ臭、暴走族の騒音、地震と妨害オンパレード。そもそも完全夜型化してるので無理っす。

当日メモ
・3時に起きるも全く軽量化できる気配なし。こんなの初めてです。
・駐車場に4時着でローラーアップし始めるも全く掛からず。240w維持もできない。こんなの初めてです。
・いつも通り会場に行くまでの坂で凹む。みんな強そうにみえて仕方ないのです。
・会場でチームの皆さんに挨拶するもメンタル・身体ともアカン感じが酷いので一人散歩したりトイレ行ったり。やっぱり周りの人みんな強そうにみえて仕方ない。

レースメモ
・特に展開ということもなく、終始眠かったです。あと辛すぎて10分で降りたくなりました。
・結局掛かることなく低空飛行な出力のまま、とにかく昨年のタイムを下回らない事だけを考えたペース走に。
・出力も低い、更に体重も重いのにタイムが良かったのは不思議。

違いといえば普段、頑丈さ優先のチューブラーを使ってますが今回はガチなveloflex recordにしてみたことくらい。
このタイムがタイヤ要因だとしたら半端ないすねw

それは冗談として、以下気付き。
・ぼっち&ローラーメインの練習に限界を感じた。
・ペダリングの下手さ、ダンシングの下手さが露呈した。実走経験少な過ぎ。
・気温、天候的にドリンク3口くらいしか飲まなかった。
・朝型にしないと話にならない。


出発前。要らないものは全部外すのみ。これで6.5kgくらいらしい。上に乗る人間が重ったるいのであまり興味ない。

縁起の良いホテルですね。

縁起の良いビールを500ml。飲んじゃダメなんでしょうけどね。昨日までの俺は死んだのだ。

ゴール後の様子。辛うじてフジヤマを拝めました。

なお当日はスタートから2合目辺りは濃霧だったので会場もこのザマ。

どんどん溜まるスペーサー。第10回のブロンズ分はどれかのチャリに付けっぱなしです。

帰宅後は早々に練習仕様へ戻し中。と言ってもホイール変えるくらい。
それにしても練習ホイールのリム面がそろそろダメになってきたので更新したいっすね。

これにて今年のヒルクライムは終了。
なお今後は9月の富士チャレ(兄弟チームの予定。チームがだめなら200kmソロ)。サイクルパークフェスティバル3時間ソロ・・・の予定でしたが何と受け付け開始20分で終了してしまったのでキャンセル待ち。そしておきなわと。長めのエンデューロとヒルクライムをもう一個くらい出たい感じがしますが厳しそうです。マンションの役員が終わる今年までの辛抱です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください