運動休止中の思考

病気ではない(多分)ですし、年齢は関係ない事案でしたが1週間の酒や運動のドクターストップが掛かって考え込んでしまいました。
人間、時間があると良くないことばかり考える。

若いつもりがあと2年で40歳です。今時の高齢社会では40歳なんて若いもんかもしれませんが、あと10才若かったら?生老病死とは?などと、あまり意識してこなかったことを最近よく考えるようになりました。
40にして不惑とか言いますが今からこれでは相当に惑いまくりそうです。

昨年辺りは異常な速さで時間が過ぎてしまい「2017とは何だったのか?」と問いたくなるレベルだったわけで2018年は「いつの間にか終わっていた」という轍を踏まないように日々を過ごさねばならんなと心に誓いました。
限りある時間、特に体を動かすような趣味の賞味期限は割と短い気がするので出来うることはやっちまえです。
ロードバイクで言うと、最高齢でのアワーレコード(1時間で何キロ走れるか?というもの)を樹立したフランスの人が106歳らしいので、あと70年弱しかありませんw

当面、とりあえず延々とピアノで「エリーゼのために」を弾くのが無駄なのかどうかが問題です。
・・・「夜中までイカをやる」よりは「夜中までピアノを練習する」の方がマシな印象(by妻)とのことなので、良いか。

[Bicycle]ローラーログ

16日夜ローラー
実際は17日まで運動禁止でしたが我慢できずちょっとだけ。一応レースもあったのでエントリーするも全く漕げないので適当に終了。
56分で70TSS。

17日夜ローラー
しばらくはリハビリのつもりでおとなしく出力指定に近い感じでワークアウトのSST40分。終わりにちょっとしたインターバルをやるも、1時間4倍行かない貧弱さ。しばらくダメそう。60分で85TSS。

18日夜ローラー
アップダウンのあるレースがあったので10分程度のアップから参加。DNFする気満々です。
Zwift人口が増えてレベルが上がったのか、スタートから5倍維持したまま2分程度かかる丘を5倍で上って5分程度経過の時点で全く歯が立たず千切られてレース的には終了しました。第2集団で2周弱走るも耐えきれず離脱してDNF。42分で58.4TSSと低空飛行維持。

Zwiftのレースのレベルが高くなったのか、自分程度では全くレースにならない感じになってきていて食傷気味です。
参加カテゴリーを下げれば良いのですが体重出力比的にはカテゴリーAなのでどうにもこうにも、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください