Zwiftレースで勝つ

 [Bicycle]夜ローラー復帰とZwiftレース

24日夜ローラー
喉の痛みやら鼻づまりやら残っているので、リハビリと言うことで緩くやろうと心に決め、モニターにSwitch繋いでローラー台回しながらSplatoonやるという荒技にチャレンジ。
やっぱり無理でした。ガチマッチで皆さんにご迷惑をお掛けしただけで10分程度で撤収。これ、ハンドルに腕を付くとローラーは割と200w巡航くらいでは回せるものの振動をコントローラーが拾って画面がブレてまともに操作できず。体を起こせばコントローラーは操作できるけどローラーはまともに漕げず。
あらためて265wくらいを10分などをやって後は特に目的も目安もなく1時間まわして計86TSS。

25日夜ローラーでレース初勝利w
日中、急に歩くのがヤバいくらい左足付け根が痛くなり、夜にも痛みが引かず。
これは終わったかと思いましたが自転車を漕いでみると痛みが無いので別の部位がダメらしい。自転車を漕げるからとりあえず良し。
風邪はまだ治りかけの微妙な雰囲気ながら昨日よりはマシかなというところ。30分後にZwiftで10kmも無い短いレースを発見したのでカテゴリーA(4.0kg/w以上)でエントリー。
それまではアップがてらだな、のはずが20分270wとか全力風になり、ほぼ力尽きつつレースに参加。

序盤のスタートダッシュはいつも通りでしたが、特にぶっ飛んで行く人がいなかったので数分で落ち着いて集団化。
その後も軽い牽制はあっても誰も飛び出ないままヌクヌクと終盤。
どうせガチな海外勢にはスプリントで敵わないので早めに抜け出したいと考え、2km位から軽くジャブを入れてもまったく誰も動じず。するっと吸収。荒れてはいないけどチェックはちゃんとしているのね。貧脚ジャップなんで見逃して下さいよ。
更に1kmを切ったところで6倍くらいで上げてみるも、これも粛々と吸収・埋没で早掛け失敗。皆やっぱり強い?
今日は終わりかなと思いつつ、一旦休んで残り300m手前と他よりちょい早い段階で再度ふにゃふにゃアタック。
後ろがお見合いして出遅れたのか、残り100m切っても、誰も追いついて来ない。あれ?いける?
前に居た1名をかわして勝利。せいぜい瞬間風速で9倍程度で勝てるとか、良いのかこんなので。
トータルでも4.4倍程度と省エネ具合でした。NPは275wなのでそれなりに上げ下げしていた訳ですが、レース前の20分の方が強度高かったという有り様。こんなこともあるんですね。
何にせよ先頭でゴールするのって気持ち良い。
その後適当に漕いで64分100TSS。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA