サイクルパークフェスティバル3時間の部男子ロード・ソロ参加

9/23
アンカーのエンデューロイベントであるサイクルパークフェスティバルに参加しました。
富士チャレ同様おきなわに向けて長めに乗りたい・・・というノリです。

これまでもレースでの散々な雨は何度も味わっているので、始まってしまえば天候は別にどうという事は無いのですが、結構なコースなのと体調が最低だったのでどうしたものかというところでした。

スタートまで
朝4時半に出て現地駐車場着が5時40分あたりとなりましたが、駐車場は6時半オープンだったので待ちぼうけ。しかし、既に結構な車が駐車場待ちしていました。やる気ですね。
ギリギリで食べるとリバース祭りになるのでスタート前8時から逆算して5時~6時の間でおにぎりやらパンやらをもぐもぐした訳ですが、先日からおかしくしていた耳下腺炎用に飲んだ抗生剤が今回はお腹にヒット。足の付け根の筋やら副鼻腔炎やらも加えてガッタガタ。今年一番のダメなコンディションだった自信があります。

それでも「雨天で走り難いコースのロング」「VELOTOZEのシューズカバーの効果」「OGK AERO R-1の雨天時バイザーの効果」など試したいことが一杯あったので頑張れるというもの(?)

リザルト
3時間の部男子ロード・ソロ 18位/41
98.2km/3:04:48/NP211.4W

1時間半まで
試走必須なので試走締め切りの少し前に1周。雨なので下手くそ的にはインターバル祭り間違い無しだなあというコースレイアウト。
スタート地点に戻ると試走締め切りでスタート待機列に誘導された訳ですが、、、タイミングが悪く?前から2列目ゲット。無理ですw

1周目途中まではゆっくりで、ローリングスタートするも程無く集団後方に。
途中で雨で事故るのはごめんだと思って慎重さを極め、集団をお見送り。無理です。
3週目くらいでGARMINを見ると「パワーメーターの電池がありません」という表示。富士チャレでは本体のバッテリー、心拍計のバッテリー死亡でしたが今回はパワメ・・・。データは欲しかったけど仕方ないので切れたら切れたでいいやと無視。何か毎回トラぶってるなあ。
残る電機系は電動ギアくらいしかありません。おきなわでトラブル起こさないことを祈るのみ。

集団からちぎれてからは黙々と周を重ねるサイクリング。
コース的な都合や参加者の少なさからか、富士チャレのように安定して集団が形成されないのでずっと足を使う感じです。

1周は3kmくらいですが、、、
・スピードが乗った所から鋭角コーナーを抜けてダッシュ
・下りながらのヘアピンを抜けてダッシュ
・幅広な直線でダッシュ
・数十メートルの激坂からUターンしてほぼ0km/hからのダッシュ

こんな感じでインターバル祭り。落ち着いてようかん食ってる暇が無いっす。
10周くらい走ったところであと20周?と絶望感を味わいつつも、およそ半分となる15周あたりまで5分台を維持。
しかし安定したトレインに乗れないのはつらい・・・

ゴールまで
1時間半が経過し、後半に差し掛かると急激に脚がダメになってきて5分を切れなくなるザマ。1時間半タイマーか・・・昨年富士チャレの1時間タイマーよりはマシかw
路面は良い感じに乾いてきて走りやすくなりましたが、コーナーで離され激坂で追いつくもまたコーナーで離され、と無限ループも限界。
新鮮そうなチーム参加の人たちに食いつく気力も無くサイクリングでゴール。
展開もくそもなくてすみません。
ビリかなー?位に思っていましたが真ん中より上だったので体調の割に上出来です。
ゴール後はカレーをキメようと思いましたが、定番的な普通のカレーが無かったので肉っぽい丼とかメロンパンとか好きに食べて終了。
ダイエットは明日からがんばるw

以下、メモ
・雨に慣れるにはもってこいのコース
・色々と昨年の豪雨の富士チャレ100kmよりもきつかった
・Velotozeは蒸れるのか跳ね返りの雨を防げないのか結局靴が水浸し(汗?)
・ただしVelotozeで泥は避けれたので靴の掃除が楽
・AERO R-1は良い(今月2回目)。戦隊ヒーロー感のある見た目さえ容認できれば後は文句無し。
・補給はマグオンジェル3個と水ボトル&BCAAボトル2本体制。結局ようかんは食べず仕舞いでした。

あと、イベントの雰囲気はこれまで参加したロードのイベントで一番好きかもしれません。
アンカーのプロの面々がふつーにうろついているのも中々w
自転車競技をもっと普及したい、楽しませたいという感じが伝わってきて良いなーと思います。
そこら辺は流石メーカーが主催なだけあるか。

初心者歓迎という感じですし。それにしてはコースがアレですけど、危険な箇所は常にスタッフが声かけをしていて感心しました。この運営、どこぞのf(ry

おきなわまでとりあえずイベントの予定は無いですが、10月は仕事&家の予定&イカと相当忙しそう。
どれだけおきなわにむけて準備できるか・・・。

こんなところ普通は自転車で走れません!とアピールしていました。確かにそうですが、、、トラックを走るということだけで考えると熊谷のバーニングマンもトラックを使ってますね。こちらは国際的な会場なんで、そういう意味ではかなり貴重?
見事映り込む人…※写真ありがとうございます

まあまあ泥だらけ。

憧れのシクロワイヤード撮りw何かちょっと違和感。なぜなのか。*写真ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください