TOKYOエンデューロ2017 in彩湖

投稿者: | 2017年3月15日

3/11は毎年恒例、彩湖でのエンデューロに家族で参加しました。
普段は3兄弟+強豪叔父(還暦越え)という身内なメンツで4時間エンデューロ男子の部に参加していましたが、次兄が仕事や怪我の具合から今年も見送りで、代わって小学3年の甥がロードデビューということでファミリーの部にエントリーです。

さて、本番前。
「みんな練習出来ていないし、今回はマッタリ行こう」
と聞き飽きたフレーズがどこからか飛び出す。
どうせ走り出したらみんなガチになるんだろう?だまされんよ、と心に誓う。

リザルト
ファミリーの部 優勝/12チーム?
最終走10周/46.7km/1:21:11/NP229W

普段の男子カテゴリーだと実業団かな?インカレ上位かな?というのが一杯いますが、ファミリーはそういうのではないのでまったり。
と思いきや、第1走の兄からして後方からといっても案外前めに位置取りスタート。叔父含めて結局いつもの負けず嫌いモードに突入された様子。
まあ、無線を使ってやりとりしている時点で相当なガチ度なんですけど。

兄が1時間ちょいで戻り、2走目は甥の初レース。頑張ってました。

2周程走って第3走の叔父に。
叔父が1時間ちょいで戻ってくる感じ。あれ?残り1時間20分もあるんすけど・・・

ネット上のリザルト速報がまともに更新されていないので戦況が分からず、「まあ、ゆっくりで良いか」とアップがてらに走り出したら無線から叔父の檄が。
「その集団に絶対ついて行けよ!」「死んでも離されるなよ!」「ムダ脚使わされんな!」「前まで2分半だぞ!!」

涙目でしたね。実際。

しばらくはゲストが牽くその集団の恩恵を預かるも微妙に遅く、ペースが合わず。
前行っちゃおうかな?と思ったら集団が瓦解。その後は一人旅になったり少人数のパックになったり。
風が強かったので今回、できるだけ少人数でも回せるように、はぐれない事を心がけてました。成長しましたw
昨年以下の平均速度でしたが、多分風のせい。きっとそう・・・

終盤、何だか無線から叔父の檄が飛ぶし、コース脇からも兄が凄い何か声掛けてくるし、どうも勝負に絡む良い順位っぽいなと。
結構なプレッシャーを受けつつゴール。実際は2位をいつのまにかラップしていたので安全だったようですが。

そんな訳でカテゴリ的にどうなのかというところですが、優勝には違いないので良かったですねと。
めでたしめでたし。

その他ネタとしては、、、

・遂に消えた参加賞
これまでは参加賞で色々と、2011年初参加の時は完走後に完走証とかあったのになあ。
あっても使わねえというクレームも多いとは思うけど、じゃあエントリーが安くなったかというとそうでもなく。自転車レースはヘタすると大怪我しかねないため保険料が高いとは聞きますが…それにしても大丈夫?主催さん?
・コース狭い
集団で走っていると結構アバンギャルドな走りをする方が多い。集団先頭が怒号を浴びせるシーンも多々。
ベテランから初心者まで色んな人が走ってるので怒鳴っちゃいかんだろと思うけど、、、怒鳴っちゃう気持ちも分かる(そう言う俺は初心者側ですけど)。何がアレってコース狭すぎ。
でもそれで怒号浴びせられてビビっちゃって「怖い。もう嫌だ!」となったら、広がったかもしれない自転車趣味の裾野が潰えてしまう事になるわけで、こりゃ誰も幸せになれないよなあ。
・AVG的には一番良かった
ラップリザルトを集計すると、微妙にチームで平均速度が一番良かった模様。
これまでにない結果ですが、皆さん練習不足とか強風とか色々あったので微妙。ただ一つの目標であった「足を引っ張らない」は達成できたので満足。さあ、目標達成のご褒美にeTapかボラ行くか!
・カロリー過多
昨年買い損ねた丹沢オギノパンにてアンパン大人買い。バイクロアで食べ損ねたタベルナ・エスキーナのカレーとクッキー。さらにおにぎりなど諸々でどう考えても食べすぎ。
1時間ちょっと走ったくらいでは補えるわけも無く。さらに夜はビールと焼き肉でキメたのでもう偉い事に。

でも、次回の企画は6月のMt富士ヒルクライムと、随分先だしね。良いんじゃないですかね(と自分を言い聞かせる)。

それにしても今年はマンションの理事会など、予定がイベントと被りまくりだったりで、4月の八ヶ岳も5月のハルヒルも見送り。相当なモチベーションの低さです。
秋は秋で、乗鞍も赤城も出られなさそうだし今年は山に縁がないのか?

せめてイベントには、ということで4月の袖ヶ浦か5月のもてぎには出たいと思うのですが、どちらも出るとしたらソロとなりそうなので、「さあ!おきなわ前にやっとくか!」という秋口辺りならともかく、この時期で長時間一人は苦行っす。
という事で未だ予定が不明瞭です。どうしたもんでしょう。

甥のデビュー戦。キッズの部では2戦1勝だった気がするのでいまのところ3戦2勝、勝率.666。すげえ。

表彰台の真ん中、メンバーの足を引っ張らない、という大目標は達成してしまった。一応。

逆サイドですが、こんな感じでほぼ何も変わらず。ホイールは超軽量モデルだけどリム高33mmだし、剛性で困ったことも無し。アフターケアに不安なガイツーでボラ買うより、リアだけGS ASTUTOで50mmを組んで貰うのが良い気がしてきました。破損時のケアも良いし、見た目好きだし。

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA