バイクロア6参加

12/4に昨年に続き、近場にある秋ヶ瀬公園でのシクロクロスイベント、バイクロアに参加しました。
かなり緩めの雰囲気なので基本まったり行きましょうや、という感じのイベント。

レースカテゴリーは一般向けからガチ、なぜかデニム着用必須や仮装、などなど多様なので観ているだけでも割と飽きません。

出店もおしゃれな感じで、フジロックの奥の方や朝霧ジャムのような気分になります。良いです。
なお、「ゆるい」と言ってもシクロクロス。

エントリーした自分は学年1,2を争ってきた生粋の運動音痴。
バランス感覚、荷重の掛け方、漕ぎ方、乗り降りの技術が重要でこの辺りが甘いと泥に持っていかれて終わるシクロクロスなどまともに出来るわけあるまい。

結果、参加したファンクラスにて30分で5回コケる大判振る舞いでした。

これだけコケてたら、もう瀕死じゃねえの?と思われがちですが、身体の方は膝を強打したりしまくるものの酷くても打撲(たぶん)、車体はブラケットとサドルが曲がる程度(たぶん)で済むあたり、ロードレースとは大違い。とにかくドロドロになるのが唯一の難点。泥んこ遊びですから当たり前ですが。

とりあえず朝から追うと、、、

余裕の寝坊で朝6時過ぎに起床。準備、自走で会場に向かい、そのままの格好で試走のためコースイン。

昨年とコースが全然違うのでかなり戸惑う感じ。森の中で何カ所かやられそうな箇所があって怯える運動音痴さん。試走を終えて受付、今回埼玉遠征されている恒例の某みなさんたちと合流。

ファンクラス出走

最後方からゆるーく走ろうと思っていたらスタートグリッドがナンバー順で、一桁だった自分は何と最前列w

平然とした顔してましたが泣きそうでした。スタート直後に動くパイロンとなりご迷惑お掛けしました。

これ、「ファンクラス」とか言ってみんな割とガチ。

1周くらいまでは平穏でしたがその後は泥に前輪を持っていかれてコケること2回、斜面の渋滞で詰まってコケ、立ちゴケ、急な下りで地面につんのめって突っ込んでクラッシュ。盛りだくさんでした。
リザルトは不明。まるで順位に興味ないレベルなので構わないですが。

膝が痛いのでダブルエントリーしていた、なぜかデニム生地の服を着用するのが必須というデニムクラスのレースは見送るつもりに。

油そばと甘酒をいただきまったり。

デニムクラスも出走

とか何とか言って、ペダルをくるくる回す感じで漕ぐ分には大丈夫そうだったのと、このカテゴリでは2人お知り合いが出ることもあったので、参加だけはしとこうと。結局出走。
こちらは20分コケることはありませんでした。正直こちらの方が走れたよう。なぜだ…。

このデニムクラスも半分仮装入ってる人が多いですが、そんな人たちに軽く抜かれていきます。中身はガチやね。

ちゃんとやるならもっと練習しないとダメですね。

その後

終わってしまえば後の祭り。ビール2杯、チーズ&豆カレー、パニーニと平らげます。もうどれも旨すぎて無制限状態。
そしてダラっと観戦。特に仮装レースは応援も酔っ払い気味でハイテンションな騒ぎ。楽しいですね。

動画アップしてみました。
こういうことやるくらいのゆるい感じでやれるのが何よりの魅力だと思います。
ちなみに平和な1周目の動画ですが、その後は毎周コケるという修羅場。運動神経無いとこうなるという好例。

とはいえ昨年に続き非常に楽しかったのでまた出たいですねー。あとフレーム換えたいですねーやっぱり。

とりあえず差し障りなさそうな頂き物の自分の画像と変態レースオウルクラスの画像を。自転車はともかくカメラの方はまるで時間が取れなかったものの収穫あり。ニコン良いわ。


ファンクラス出走のようす。固い、固いわ!


こわばり過ぎだわ!


一方吹っ切れて楽しげな2レース目。めっちゃ楽しそうw


変なのに追われても楽しそう。


神々しいけど変態。


バケットヘッドさん。


くまもんさん。


松岡修造さんみたいなアレ。子供にガチ絡み。


階段も乗ったまま。


なんだろうねこのレースは。


4人乗り。この辺りはともかく森の中はどう切り抜けたんだろうか…


今回の最速ライダーがコレ。


お菓子をまく不審者サンタさん。子供受けこそ正義っすわ。

オウルクラスも良いなあw

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

7年前

Lightroomで画像管理しているのですが、iOSアプリで同期しておけば10年以上前の写真でもスマホからサクッと閲覧、保存できてしまいます。

とんでもない便利な時代になったもんです。

という事で日付で振り返ったらちょうど7年前の写真はこんなのでした。

仕事帰りの電車を一つ前の駅で途中下車して歩きながら缶ビールやらカクテルやらワインやらをドバドバ飲んで、完全に自分失くすくらい酔っ払って、生垣にダイブしていたところまで覚えていたものの、、、
気がついたら部屋が葉っぱまみれという。

自棄酒の経緯は鮮明に覚えてますが思い出したくもないってやつです。

間違いなく、ある気持ちが完全に死んだ日でしたよと。
「擦り潰されず、全うになったじゃないか。今となってはそれで良かったよ」
と思おうとしましたが、電車を乗り過ごし、酔っ払い共に囲まれてホームで待つ今の現状。

うん、大差ねぇなあ。なんだかな。

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr