富士チャレンジ200参戦(100kmソロの部)

9/22にはチームで数回出ている富士チャレンジに100kmソロで参加しました。
これまではチームで兄と叔父におんぶに抱っこで足を引っ張った上で敗戦処理担当でしたが、今回はソロ。

そもそも沖縄100kmにエントリーしといて100km超のイベント未体験とか足切り回収車に自ら突っ込んでいくようなもの。
とりあえず、100kmを3時間切れるかどうかを区切りに定めていました。

「富士チャレは沖縄ほど登らないで100km。少なくとも3時間を切っておいて沖縄まで鍛えて頑張ろう。」
「もし3時間切れないなら沖縄は足切り確定か。普久川ダムのヒルクライムだけ楽しんであとは諦めよう」

さて、結果ですが2時間58分。

これまた微妙(´Д` )
一応「沖縄頑張ってみよう」側で目標は達成ですが、ぶっちゃけ今回の沖縄100kmアンダー39は最もきつい制限時間なので今のレベルじゃリアルで足切りで死ぬんじゃないかと。

さて話は戻って今回の富士チャレ、流れ的には…

・ほとんど単独走(実走不足、豪雨で落車コワイ)
・1時間ほどで足が完売御礼
・折り返し地点で1時間27分。
・しかし既に終わった足を観察して心が折れ始める
・2時間経過くらいから睡魔とのバトル。睡眠不足と補給不足が襲ってきた
・この辺りから計算してみると周回数と経過時間からして3時間超えの雰囲気に
・残り3周の時点で2時間42分経過…

おいおい、100%間に合わないじゃないか…(´Д` )
そして3時間7分くらいでゴール。終了(´Д` )

…と思ったんですが1周読み違えていたようで実際はギリギリ3時間切りでした。
滅多に使わないガーミンのラップの表示数を、いま走ってるラップ数と勘違いしたため1周少なく見積もってたんですね。

とりあえず11月へ必要な準備として分かったことは「外走れ」という、今年何回目か分からん教訓を得られました。

image

試走時間のはずがほとんど人がいない…

image

こんな感じ

image

富士ヒルだとヒルクライム脱初心者のブロンズですが、、、これで自分もエンデューロ脱初心者できましたかね?

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

第31回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍参戦

昨年CP1まで川みたいな道を登ったイメージしか無いので、微妙な予報の天気で渋々の前日でした。宿もなく車中泊でしたし。

結果としてほぼ好天でフルコースを走れまして、終盤の絶景と言ったら、もう言葉に表現しきれない感動でした。

よく乗鞍が目標で一年頑張る、とか話を聞いても「なんで?そんなに凄いの?」と半信半疑というか、分からなかったんですが、今年走り終えて思ったのは「また来年走りたい。もっと速く走りたい」でした。

記録としてはかろうじて79分という事で今年を象徴する微妙さでしたが、今年のやり方では致し方無いというのは分かっていたので、まあこんなものです。

レースを語るほど何かってのはなかったのでそこはスルーで。

以下備忘録。
前泊
・某園地は遠いけど静かで良いかも
・会場まで歩けなくも無い距離
・夜中はトイレが電気無いのでランタン必要
・寝床は要改善、しかしマーチでは限界か…
・バイクキャリアを車に取り付けて自転車は外におくと広さがマシになる
・窓の目隠しは要検討。銀マットとかでサイズ合わせて自作するか。
・外に置くなら特にバイクに被せるシートは忘れずに。あと前輪は外しといたほうが被せやすい
・受付近くの温泉はタオル大小準備で。あとはいらない。ビールは高い
・案外会場付近で食べ物はある。コンビニなどで調達しておくに越した事は無い

当日
・特になし。死ぬ気で漕ぐべし。あと楽しむべし。
・入賞でもしない限りとっとと帰るほうが渋滞に巻き込まれないかも。
・りんご美味い

image

受付日の様子。雨降ってるし昨年の再来かね、フルコースは絶望やねと。

image

ところがどっこい、穏やかで好天なフルコース。最高。

image

絶景

image

絶景

image

絶景

image

雪渓

image

冗談はさておき…こんなタイム。富士ならとりあえずブロンズというところ?

image

ちょっと置いておく、というときは下手なスタンド使うより良かったです。

さてこれにて2016ヒルクライムイベントはお終い。第1回チキチキ1人赤城山ヒルクライム大会を控えるのみ。
富士チャレンジ100kmともてぎエンデューロで、集団走行とロングをこなして沖縄に臨みたいですね。目指せ完走!
うーんしょっぱいなー。

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr