ツールドフジロック(後半・復路)

Stage2:フジロック参戦

久々のフジロック。朝テントが蒸し風呂化して暑さで7時頃に起こされる。
image
蒸し暑さ、草の匂い、虫よけスプレー臭、この感覚、これぞフジロック。懐かしい。
image

10時過ぎに良いバンドありまっせ!と言う事だったのですが、まずビール飲んだりラーメン食べたりしないといけなかったので間に合いませんでした。

流れ的には、、、メインのグリーンでアフリカンなバンド⇒2cellos⇒ヘブンではちみつぱい⇒ホワイトでSoil & Pimp Sessions⇒グリーンでKen Yokoyama⇒ホワイトでベビメタ・・・は入場規制が掛かって断念⇒グリーンでベンハーパー。
そしていよいよ、レッチリの時間だ!と言うところで腹痛。
これまでビール×数え切れず、サングリア、カシスオレンジ×2、カシスレッドブル、ヨーグルトカクテル。食事も把握できないレベルで暴飲暴食していたツケがここに来るとは。
何とかなってレッチリも観られましたが、その後の電気グルーヴは妙な疲れもあって後方で座りながら観賞。
流石にロングライド、睡眠不足に暴飲暴食はきつかったか。
なのに戻り際、ハンバーガーを食してテントに戻る。なぜ食べるのか、もはや不明。

Stage3:復路

帰宅時間を考慮すると1時に寝たものの朝4時には起きて撤収しないと、と思っていたのに完全に熟睡して7時起き。
夜露で濡れまくりのテント等を無造作に袋にぶち込んでキャンプサイト撤収。

「こんな時間に帰り始めたら夜になっちまう、、、しかもこの疲れ、この重量物、どうすんの?捨ててくか?」
といけない事まで考えるくらいアレコレ迷っていたらふと遠くでヤマト運輸の「家まで荷物は込んであげるよー」という誘惑の声。
梱包箱もあるとのことで、渡りに船とばかりにテントやら荷物の半分近い不要物を発送手配しました。
若干負けた気がしないでもないですが、それでも総重量17kgくらいあるので十分しんどいっすね。
image

パスタとカレーを食べて出発。ここに来てまだ食べるのか?というのはもう気にしない。

・三国峠下山

予想していた三国峠頂上までの登坂はしんどい。まあフレッシュでは無いものの走り始めなので何とか対応できました。
三国トンネルはやはり怖い。行きより交通量が多いので申し訳ないながら端までより切らず、フロントライトを右手に持って後ろに向けて激しくアピールしながら走行。すんませんでした。トンネル内で撥ねられたくなかったので。

山頂の55個目のカーブから今度はカウントダウン。斜度が緩めなので下りも安心。天気が良いので改めてみると道もきれいで橋も絶景。

良い感じですね。サラ足&普段の装備で走りたいな。
ちなみに既にケツ痛い。

・80kmで前橋付近まで

沼田、渋川辺りは平和。前橋、高崎辺りはちょっと下衆なバイパス等を避けないといけないので面倒な所もあり。
向かい風だったのもあり、思うように進まず。
残り100kmも切った所でコンビニで昼食休憩。流石にカレーとかラーメンとかは止めました。
当然下山中心だったので良いペースでした。
ちなみにケツ痛い。

・埼玉北部はアレ

群馬は荒っぽい方が多いのか結構車に注意が必要でしたが、埼玉に入ると道が怖い。
熊谷付近はほぼ車道はアウト(側道に誘導)、北本辺りは馬鹿みたいに道が悪くて、振動で脳震盪になりそうでした。
あと結構疲れがヤバいなーというところで看板にさいたままで50kmとか出ると本当に心が折れそう。
image
140km程度きた所で最後の休憩。
ちなみにケツ痛い。

・ゴールまで

さいたま市付近に来ると道も悪くないのと自転車優先レーンが登場。これは本当にありがたいです。
基本的に抜いていった車を信号待ちで追い抜かないというマイルールで走っています。
 ※どうせ後で抜かれるのと、抜いて抜かれてを繰り返すとドライバー的には結構イライラとすると思うので

ただ自転車優先レーンは別モノです。良い気分。どうせなら17号全部に張り巡らしてほしいw

そんなこんなで終盤に来てスイスイ飛ばして171kmでゴール!と思いきや迂回したせいか173km過ぎでゴール。
飛ばしていたら今更アドレナリン出てきてケツはそこまで痛くなかったです。

どうにか完走して感慨深く・・・とは行かず、自転車をそそくさと清掃、ローラー仕様に戻して洗濯してと後処理をしました。

image

これにてツールドフジロック終了。(テント掃除と言うヤバいイベントが残ってますが)

・まとめ?

終わってみれば、中々楽しいじゃないか清志郎さん、と言う感じでした。
が、 この荷物の多さはダメでした。会場まで送りつけるとか大人な対応をしていればまだ良かったかもしれませんが完全にこの重量にやられた感じです。

来年の教訓に、、、と思いましたが、そもそもフジロックに来年も行けるか不明なので分かりません。
ただ、これだけ装備を整えるとフジロックに限らず、あれやこれやロングツーリングに色気を出したくなります。

ちなみに総走行距離344km。8500kcal消費だそうです。
出発前61kg→到着後温泉で57kg→帰宅後61kg。

片道4kg減の往復なのに体重が元と同じって一体1日でどれだけ飲んで食ったんだろうか。

それはさておき、普段のヒルクライムやエンデューロには無い、こういう自転車の楽しみ方、凄い良いかもしれないです。ツールドフジロックはあまりオススメしないですがw

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

“ツールドフジロック(後半・復路)” への2件の返信

  1. ロングライドいいっすよね〜
    自分は今日都民の森デビューしました190kmオーバーでしたが
    たまに乗るのにロングって行き当たりばったりっす。
    いつかはブルベに出てみたいものですね!?

  2. 久々の160kmできつかったですが楽しかったです。
    色んな景色を楽しみながら、またゴールの達成感は良いですね。
    しかし190kmとは!流石です。
    ブルベも気になりますが、自分はまだまだ、その領域に行くには修業が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA