帰省ライド

8/14 猿ヶ島周回+α
1時間25分41秒 39.46km

8/16 半原越~宮ヶ瀬ダム
2時間22分46秒 67.75km

お盆の帰省中なので兄にバイクを借りて乗りました。
兄弟で同じような体格なのでセッティングを全くいじらなくても乗れてしまいます。
素晴らしいです。
トレーニング、というより帰省してからの半端ない暴飲暴食の被害を多少でも緩和すべくダイエット目的です・・・

8/14

盆の前半は娘と二人で帰省だったので1人で走りに行くなど無理であろうと思っていましたが、昼過ぎに娘が姪とがっつり遊んでいたので
「お父さん、自転車乗ってきて良いかな?」
と聞いたところ二つ返事で「良いよー」と。
あっさりしてるぜ4歳児。

ちょっと寂しい。

昼過ぎで最大限に暑いので山に行きたいなと思ったものの、時間が無いのと道が分からないことから、一番酷いチョイスと思われる炎天下の猿ヶ島周回コースを選択。
乗り出してみるとウィリエールのイゾアールXP、固いなあという印象。
ロングライド~ロードレースというフレーム設計のはずなので、小さめサイズの方が効いてるのかな?

猿ヶ島周回を2周ほどやって、昨年夏にしてやられた近くの平均13%/200m程度のプチ激坂をリベンジしました。
数秒短縮。200mの坂で数秒は小さいようで割と大きい、はず。

2本目に行こうとするも明らかに脚が無理な雰囲気だったので途中で撤退して再度猿ヶ島周回。
どう考えても雨が降る感じの雲だったのでそこそこで撤収しました。

image

いまにも落ちてきそうな雲…

8/16

祖父の新盆も終わり、兄と朝からライド。
兄はウィリエールを乗り継いでいるのでウィリエール2台体制に。ウィリエール兄弟。

しかしウィリエールはカッコいいです。
どのクラスのフレームも凄い速そうなオーラを出していると言うか、雰囲気が出ています。

朝7時頃発ですが11時には帰宅をという事で、半原越~宮ヶ瀬ダムを回って帰るルートに。
いずれも初めての道なので全面的に着き位置でお願いします状態。

しばし走って行くと急に兄がフロントをインナーに。
お?お?と不意をつかれるも同じくインナーに入れると、間もなく道を曲がって激坂コンニチワ。

いきなり何コレ!と完全に虚をつかれて何とか登るも脚がやられました。
そこから少し行って半原越の区間。
何だか中盤に酷い激坂区間もあり、「”そこまできつくない”とか言っていたはずだけど完全に違うわ・・・」と、ヒイヒイ言いながら登坂。
とりあえず先行しましたが練習不足らしいコンディションとのことの兄なので参考にならない感じです。

そのまま降りて宮ヶ瀬方面を経由して帰宅。

どこら辺がTT区間になるのか分かりませんでしたが何だか走り込むと楽しそうですね。この付近。
埼玉で言う秩父界隈みたいなもんでしょうか。

山へのアクセスのしやすさは羨ましい限りですね…。

image

半原越のピークは割と鬱蒼としたところ

image

ウィリエール2台というなかなかイカす感じ

ちなみに帰省帰り後体重は2.5kg増。成長しましたね・・・

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

白石峠3本(COLNAGO出動)

おがわまち発白石峠3本
時間不明 64.41km(1961mUP)
…のはず
白石峠TT
1本目 29分17秒らしい
2本目 29分00秒らしい
3本目 32分50秒くらい

土日暴飲暴食でタプタプになった月曜。
しかし本日は所用で有給休暇だったのでこのチャンス逃す手はない!
と言うことで洗濯や弁当作りなど仕事はした上で一路おがわまちへ。

と言うところでしたがheliumさんは相変わらずタイヤがパンクしたまま…orz
RACING1に付け替えれば良いのですが、シューの交換、セッテイングが面倒なんすよ!と、山に行くというのにCOLNAGO MASTER出動。

そもそも、良い加減パンクしたタイヤ交換しろというところですが買いに行く暇がありません。

で、おがわまちを出て松郷はボチボチ。
そして白石を登り始めるとスピードセンサーがおかしな事に。速度が半分になったり沈黙したり…
ガーミンさん、新型センサー、グダグダなんすけど(´・_・`)

センサーがフリーズしてる時間を差っぴいておおよその時間は分かったのですが、心が弱いのでこういうのをきっかけにして足が緩むダメな奴です。

更にフロント34T、アウター25Tと言う白石のキッツイところでは使っても仕方ないよね、という優しいギアが異音出まくり…
ディレイラー調整しとけという話なんですがもはや後の祭り。
34T-23Tが一番緩いギアなんだと言い聞かせて登りました。

1本目はこういうグダグダ具合でも、多分29分くらい。センサーがアレなんで正確な数字は不明。

普段より人間も車体も重いと下りは異様にスピードが出ました。怖いです。

降りてディレイラーを弄るも多少マシになるもどうにも決まらず、スピードセンサーと25Tがチャリチャリうるさいのは諦めて2本目。
かなりへたれましたが経過時間で見てみる分には29分。ほんとか?

辞めればいいのに3本目。
初めの600mでダメになってしまうも行けるところまで行く事にして登り切りました。
が、32分後半。

heliumの時に比べて残念なタイムですが、以前コルナゴで登った時は1本でしかも40分台でヒイヒイ言っていました。
今は同じバイクで、このクソ暑い中、3本登れて、ボチボチの数字、そう考えるとかなり成長したような気もします。

まだまだですが。

image

石峠になっているのはご愛嬌。

image

どんより感を撮りたかったのですが折角なので自撮り?

image

平日は誰もいないっすね。

帰宅後は形成外科に通院して診断書依頼(オマケのようですが今日のイベントはこっちがメイン…)。これにて昨年の事故の診察は全て終了。打ち切りとも言いますが。

物損に次いで人身もこちらで動く事はほぼ終わりですが、あとは保険会社がどう出てくるのやら?です。
なんかもう、今となってはどうでも良いから早く終わりにしたいです(´Д` )

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

彩湖周回

8/2 彩湖周回(15周)
2時間31分55秒 82.59km

本当は山に行きたかったですが、家族の体調など都合により、いざという時でもすぐに戻れる彩湖をチョイス。
15分も掛からないで延々周回できるのコースに行けるのはありがたいです。走りにくくて退屈ですけど。

さすがに4時起きするようなモチベーションはなく6時あたりに自宅を出発。

heliumさんは絶賛パンク中のためマスターさん出動です。

タイムはともかく、とりあえず2時間半くらいほぼノンストップでこの暑さの中を走れるスタミナが付いていた、という事がわかって良かったです。終盤はズルズルペースが落ちて駄目でしたが。

それにしても次は乗鞍だと言うのに8月は山に行くチャンスがまるで無さそうです。
そして9月は恐らく富士チャレンジ、赤城山となるので平地で積むべきか山に行くべきか、何を準備すればよいのやら既にブレブレ。

image

乗れば乗るほど楽しいMASTER XL。
コンポは6700が付いています。
6800に慣れてしまうとブラケットの握り具合とか駄目すぎるので6800に入れ替えたいところです。
本当は9000に行きたいですけど、猫に小判、豚に真珠、おれに9000DURA ACE。

練習用にパワーメーターも欲しいですね。

もっともまずはグダグダなEDGE500の代わりとか、破れかけのシューズ、壊れかけのローラー台をなんとかしろって話ですが(´・_・`)

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr