熊谷バーニングマンレース参戦

3時間エンデューロ/男子ロードの部5位

7/25
何の勢いか、兄と「こんなんあるよ?」と話しているうちに出る事になった本レース。
クソ暑くて有名な熊谷ですが、お日柄のものなので当日の暑さはそこそこで済めば良いな〜とほのかに期待していましたが結果的には全力の猛暑予想…

image

これはもう、前日の時点で辞めたい気分全開でしたが記念参加気分で行くことに。

当日、天気は予想通りの快晴。

image

iPhoneカメラのホワイトバランスも合わない、朝から30度超えです。
もう、開始からグングン暑くなって、撤収の頃にはただ歩くだけで汗が滝のよう。これが日本有数の猛暑地…生死に関わる暑さですね。…ウチの近くも大して変わらないすけど(´・_・`)

image

中の人、大丈夫…?

さて、レースは原因不明な3分押しでスタート。

第1走者は兄。
既に真夏日。路面上は40度くらいですかね…
人が走って良い環境じゃねえなと他人事のように思いつつ観戦。
兄はスタートから30分近く先頭集団に入って走行していました。練習してないとか言っておいて相変わらずの速さです^_^;
その後は先頭からは千切れるもハイペースで刻んで1時間くらいで交代の合図。

第2走は自分。
スタート直前に場内アナウンスで4位に居ると知り、プレッシャー全開の中スタート。
スタート2周は焦ってサイコン計測開始を忘れたり、ラップ切り損ねたりと脳内でドタバタ。
3周目以降は落ち着いて走れました。
暑くてキツイのは間違いないですが、集団走行、コーナーごとのインターバルでそれどころではない感じになりつつ1時間くらい。
呼びかけにも認識は出来ても反応は出来ない有様。

コーナーごとに置いてかれる自分のスキルの無さにぐったりです。
この辺りは山ではなく平地でロードな練習をしないとどうにもならなさそう…

第3走は兄。
タイム的にはやっぱり自分より一回り速い感じ。
後で聞いたら場数を踏めば何とかなるだろ?とか言ってました。いやいや。
30分ほどで脚を攣ったと言うことで急ブレーキして交代。

第4走兼アンカーは自分。
残り20分程度か、ということでそこそこ飛ばして走ることに。
やっぱりUターンに近いコーナーだけは攻略できず早くもトラウマ状態でした。
ボチボチのトレインで引いて引かれて。ヒルクライムも楽しいけど、やっぱりこういうのも楽しいなあ。

終わってみると順位は5位。ですが実際は6番手でした。トップだったチームがピットイン回数違反でオープン扱いになったとか。かわいそうに。

いずれにしてもとりあえず表彰されると言う事で、初の表彰式でした。

順位とか色々不本意な所もありますがなんやかんや言っても嬉しいものです。
そしてゲストの吉澤ひとみさんから表彰状授与。

image

顔小さいー。
なお、過去にリアルでアイドルと遭遇したのは恐らく20年以上前、デパート夏物語のロケのため近くの百貨店で撮影していた西田ひかるくらいw

そんなことはどうでもいいとして、結果的には「良かった良かった」ですが、平均速度で兄より2km/h程落ちている現状、足を引っ張るだけなのでもっと精進しないと駄目と痛感しました。

今後はバリバリロードレースのほうに…
…いや、やっぱりこの手のはリスキーなのでほどほどにしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.