白石峠2本(埼玉国体ルート山岳周回2周)

白石峠2本(埼玉国体っぽいルート2周)

3時間30分28秒 82.42km(1512mUP)
白石峠TT
1本目 28分34秒

2本目 29分54秒

12日は月末に兄弟で熊谷バーニングマンレースという罰ゲームみたいな暑さが予想されるエンデューロに出ることになったので、暑さと平坦対策で彩湖周回2時間くらいと思ってました。

が、もったいない気(?)がしたので2004年に埼玉県国体のロードレースが行われた際のルートをなぞった周回路に。

当時のルートは、上尾発⇒ときがわベース⇒白石⇒定峰⇒松郷⇒ときがわベースと回ってもう1周⇒上尾に戻ってゴールだったそうです。
今回はいつもの道の駅おがわまち発なので若干スタート地点は違いますがそもそも上尾スタートしてない時点でそこら辺は適当です。

白石2本のタイムは相変わらず…可も無く不可も無く。
登り途中、某チャンピオンにぶち抜かれました。「おお、有名人。しかしあんまり飛ばしてないなー」と思ってましたが、どうやらあの人、今日は流しも含めて5本登っていたそうで…なんだその量は。

どうせ敵うまいと抜かれた時点で見送ってましたが、そういうペースで走っていたのであれば、もっと食らいついて頑張れば良かった。そこらへんからしてまだまだですね自分。
白石からの下りは段差あり、落石あり。しかも麓まで長いという下り嫌いにはダメダメな感じです。
国体コースを走ろう、おがわまちまで登りなしで帰りたい、というルート設計してなければ通りたくない感じ。
松郷までの平坦は緩く下っているのでかなり快適です。道も良いですし。
で、似たような感じで2周目をまわって終わり。

暑さは相当でしたが、ひたすら暑いであろう熊谷のリハーサルとしては微妙でした。
山は下りでクールダウンできてしまいますし。何をしに行ったんだ?という感じです。

ただ、猛暑日とかだと相当危ないなというのは分かりました。
4時間も満たない走行なのに補給関連で持っていった物はすべて消費してしまっていたし、帰ってからも水分切れな感じが酷かったです。
無理は禁物ですね。
当日は順位に絡む記録は出せないでしょうし、クリテやエンデューロに強い兄にお任せっす。
image

だいぶ手慣れてきた夜逃げスタイル。本当はもっと、ポンと収納してさっと走れるサイズの車が欲しいですね。ハイエースみたいな。

“白石峠2本(埼玉国体ルート山岳周回2周)” への2件の返信

  1. お久しぶりです
    自分も知り合いとバーニングマンに出ますよ。
    二人で3時間コースですが~_~;
    現地でヨロシクっす❗️

  2. お久しぶりです!
    バーニングマンレース出るんですね。
    こちらも同じく3時間の部で兄弟二人組です。
    現地ではよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください