富士ヒルクライム試走2days(2.5本)

2週に渡って富士スバルラインに行きましたのでまとめて投稿です。

2週連続で1人試走とか妙に家族が寛容なのは、多分富士ヒルクライムは頑張るとしつこく言ってきたからに違いない。
これは期待に答えねばならぬ、ですが、結果的には…
うん…。

5/31
1本目:86分40秒

料金所手前からなので多少誤差はありますが無残な雰囲気。
タイムは昨年の試走からまるで成長なし。本番記録から8分落ち。
これはちょっと75分切りのシルバーどころではない感じ。

気温は20度超えで汗ダラダラという感じでした。
500ccのボトルを飲みきるとは・・・

2本目:2.5合くらいで撤収
下山してすぐ折り返すもボトル無しは無謀だったか1合目あたりで既に脱水状態。何故かうすら寒い。暑いのに。
途中からアウター・ケイデンス40縛りでヘロヘロと登り半分辺りで折り返しました。
こうなると皆さんに鮮やかに抜かれるので最早気持ちいいレベルw

スバルラインは昼に近づくと観光バスが多くて怖いですね。排ガスも明らかにヤバそうな黒煙上げてるし。
この辺りは観光地の宿命ですか。

6/7
84分30秒

前回がっかりしながら帰ってぐったりしていたら来週も良いとの外出OKがでたので4時起きでリベンジ。
先週のラップごとのタイムから、75分を達成する配分を作成してそれを目標にします。

これまでずっと練習して、家族にも理解してもらってやってきて結果を出せませんでしたって道理はありません。

と思いましたがダメでした…。

1合目まで:2分40秒遅れ
1-2合目:35秒遅れ
2-3合目:1分43秒遅れ
3-4合目:2分40秒遅れ
4-5合目:1分50秒遅れ

1合目までは濃霧と寒さでブレーキしてしまい、2合目までは持ち返すもその後は脚が終わり、濃霧&更なる寒さにやられ終了。
下山も凍える状況のため2本目どころではなく撤収しました。

この様子ではシルバーは奇跡が起きるのを期待するしかないようです。
奇跡が起こらないのがヒルクライム、というのは分かってますけど。

今更足掻いても無駄なので、あとは本番を待つのみ。
どうなることやらです。

ちなみに、

image

5/31の様子。写真の通りフジヤマは曇りかかってましたが快適通り過ぎて暑いくらい。

image

6/1の様子。あまり変わらないようですがえげつない黒い雲がどっさり被って道中凍えました。

image

5合目はこのザマ。

本番は曇りか雨かと言うところのようです。天候の方もどうなることやらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA