白石峠3本

おがわまち発白石峠3本
3時間37分55秒 69.24km(2005mUP)
白石峠TT
1本目 28分01秒
2本目 29分16秒
3本目 29分50秒くらい

朝7時くらいに道の駅おがわまち発で松郷峠を超えて白石峠に。
とりあえずこれまでのイベントや山登り練習でのグズグズを脱却したいところでした。
北側からの松郷峠は結構ダメな感じで、白石麓までも微妙な感じ。

1本目
登ってみると割と行ける?という感じでした。
前半は小まめにメーターで出力などを確認していましたが確認したって早くなる訳じゃないよなあと思い、後半はほぼメーターを見ず。距離は看板で把握できるので割と不自由しませんでした。
これまでよりは良い感じで登れていたので、勝負平から1kmは勝負!と思って踏みましたが、残り400mで勝負に負けました…

2本目
1本目を登頂後、即下山して即登ると言うせっかちな2本目。
予定通り疲れた感じで前半既に1分くらい遅れてましたが、踏もうと思えば踏める感じだったので先日Youtubeで見た藤田選手のヒルクライム講座的な物を思い出してペダリングを意識したヒルクライム―!などとウダウダやりながら登って、なんとか30分切り。
もう良いかなあと思いつつ、途中で余りに景色も良かったのでとりあえず峠の先の堂平天文台までサイクリング。

良い景色でした。道は、まあ、ふつう。
3本目
天文台で軽くヘリウムさんが強風で寝転がりやがったせいか、下山途中で若干シューがリムを擦る感じだったので途中調整しなおしたり。
下っていたら浅川さん(偽名)と遭遇(そういえばお名前聞き忘れてしまいました)、そして下山して小休憩。そしてとりあえずの3本目に…懲りません。

スライドして下山したての浅川さんとスタートのタイミングが同じくらいになり、先行していただいて登り始めますが、、、
力のあるダンシング姿をみてうわあーと見送るのみ…。
疲労感があって眠くなってきた中盤、タレ切って終わるかと思いきや意外に気持ちが切れず踏ん張って30分切り。

浅川さんには着いて行けずにボッチだったとはいえ、やっぱり人がいると集中力が維持できる気がします。
山頂で少々お話して下山。

松郷峠はゆるゆるサイクリングで終了。
帰路側(南側)は斜度もゆるくて楽しくないです(?)

今回は3本30分切りできて思いのほか良かったです。
これで今までのグズグズ感から脱却できればよいのですが。

image

スカイツリーまで見れる快晴だったので記念撮影。その後転倒w
…orz

image

人生初の自撮り。レジェフィットプロのが届いたので、これまでここ一番で使わねばと思っていたチームジャージを練習でバンバン使えます。しかしチームジャージを着ると言う事は下手な走りはしてはならんと身が引き締まります。画像はお腹が緩めに写ってますが。

image

景色が良い天文台。まさに天文台っていう感じのフォルム。

image

途中あるスカイダイビングの滑走路。高所恐怖症的には滑走路を見るだけで死ぬレベル。

image

ここから1kmで追い込むところ。「そんなギア踏めるかぁ!」とユタ監督に怒られそうなギアに掛けて踏み込む。そして案外急坂が残っていてへたれて切れるのが定番。

image

GPSログがメタメタ。EDGE500不調?こんな山野を行ったり来たりした覚えはないんですがね。

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

第12回Mt富士ヒルクライム参戦

今回は兄弟家族&母との山中湖旅行の一部となった富士ヒルクライム。
車中泊でとにかくマイペースな普段と、しっかりした宿で過ごすもののペースが掴めない旅行、どちらが良いのか…

前日
娘が体調怪しげと言うことで病院に寄ることに。
高速に乗ると大渋滞のようで別ルート迂回。
なんとかホテルに着いたので受け付けに向かうと派手な渋滞で自転車も思うように進めず夕飯の予約に間に合わず…
割と会場まで距離もあり、40km程度ゆるゆると。
と言っても無駄に足を使ったような。

思うようにいかないことばかり。

夕飯は普段節制な食事なのに、こんな日にガチな中華。

image
image

なんかすげー。

美味しいですが、ヒルクライム前日になんだろうこれ。
とりあえず部屋に戻って緑のビールを追加して就寝。

当日
結果1時間16分12秒

やっちまいました(´Д` )
昨年から2分以上更新で喜ぶべき結果ですが、あくまで目標は75分切りだったわけで、そうなると残念でしたと。
これで銅リングが3つ。88分、78分、76分。
おかしい…今年は68分だったはずなのにw

しかし銅リングばかり3つとか、ヤフオクにでも出したいくらい。こうなると。

スタート前はチームの皆さんとお会いして話ししたりしていたら、やる気な第3グループも出発時間。
スタート後からゴールまで、いろいろありましたが特に書くほどのことはなく。
最後の平坦で乗り切れずだったなど反省はありますが、基本的に力不足でした。
毎度ですが試走でグズグズ、本番ではタイムが良くなり、試走とかけ離れてしまうのはどうかと思います。

そしてゴール後はそのまま下山方面に向かい下山パトロール隊の受付に。
ちょっと広い休憩場所も使えてぼちぼちの待遇の良さ。

image

下山待ちで持て余す時間があったためこんなの買ったり。

image

そして下山していつものうどん食ってボトルとか靴下買って兄の車でホテルに戻り、家族と合流。

image

奇抜すぎるほうとう屋さん。

image

暴食です。でかい鍋ごと食べ尽くしました。
その後は高速で大渋滞にハマり帰りが遅くなったので、夕飯はショッピングセンターに。

image

引き続きガチ食いです。

さらに帰宅してビール。もう今日は良いんです。

今後
シルバー行けたらひと段落と思ってましたがこのザマなので明日から仕切り直しです。
目標は来年70分切り、と言うことで自分を追い込みます。
とはいえ、来年さらに増員とか現状から改善が無さそうとかなら来年はイベント参加自体見送るかもです。
今年は人が多くなったからかダメな感じのところが多く目立って微妙でした(´Д` )

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

富士ヒルクライム試走2days(2.5本)

2週に渡って富士スバルラインに行きましたのでまとめて投稿です。

2週連続で1人試走とか妙に家族が寛容なのは、多分富士ヒルクライムは頑張るとしつこく言ってきたからに違いない。
これは期待に答えねばならぬ、ですが、結果的には…
うん…。

5/31
1本目:86分40秒

料金所手前からなので多少誤差はありますが無残な雰囲気。
タイムは昨年の試走からまるで成長なし。本番記録から8分落ち。
これはちょっと75分切りのシルバーどころではない感じ。

気温は20度超えで汗ダラダラという感じでした。
500ccのボトルを飲みきるとは・・・

2本目:2.5合くらいで撤収
下山してすぐ折り返すもボトル無しは無謀だったか1合目あたりで既に脱水状態。何故かうすら寒い。暑いのに。
途中からアウター・ケイデンス40縛りでヘロヘロと登り半分辺りで折り返しました。
こうなると皆さんに鮮やかに抜かれるので最早気持ちいいレベルw

スバルラインは昼に近づくと観光バスが多くて怖いですね。排ガスも明らかにヤバそうな黒煙上げてるし。
この辺りは観光地の宿命ですか。

6/7
84分30秒

前回がっかりしながら帰ってぐったりしていたら来週も良いとの外出OKがでたので4時起きでリベンジ。
先週のラップごとのタイムから、75分を達成する配分を作成してそれを目標にします。

これまでずっと練習して、家族にも理解してもらってやってきて結果を出せませんでしたって道理はありません。

と思いましたがダメでした…。

1合目まで:2分40秒遅れ
1-2合目:35秒遅れ
2-3合目:1分43秒遅れ
3-4合目:2分40秒遅れ
4-5合目:1分50秒遅れ

1合目までは濃霧と寒さでブレーキしてしまい、2合目までは持ち返すもその後は脚が終わり、濃霧&更なる寒さにやられ終了。
下山も凍える状況のため2本目どころではなく撤収しました。

この様子ではシルバーは奇跡が起きるのを期待するしかないようです。
奇跡が起こらないのがヒルクライム、というのは分かってますけど。

今更足掻いても無駄なので、あとは本番を待つのみ。
どうなることやらです。

ちなみに、

image

5/31の様子。写真の通りフジヤマは曇りかかってましたが快適通り過ぎて暑いくらい。

image

6/1の様子。あまり変わらないようですがえげつない黒い雲がどっさり被って道中凍えました。

image

5合目はこのザマ。

本番は曇りか雨かと言うところのようです。天候の方もどうなることやらです。

share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr