TOKYOエンデューロ2015in彩湖 参戦

昨日、天気予報でにわか雨の可能性高し、というのが急に来たのでリドレー&GS ASTUTOカーボンホイール投入の予定を変更してリドレーにアルミホイールのRACING1仕様に変更して準備。

念のため、自分は自走で家族が後から車で来る予定だったのでカーボンホイールは車に積んで、天候など条件が整えば投入ということに。

で、今日の朝、起きると晴天。その後もずっと微風で好天。なんだこりゃ?

とりあえず重役出勤的に7時40分頃現地着。ほんとすんません、兄さん。
今回は兄弟3人チーム。助っ人的な叔父は不参加のため戦力は結構ダウンです…
更に兄弟皆忙しくて練習不足だと自慢しあう有様だったので「今回はボチボチやろうや」というチームミーティングに。

スタート前整列が始まると兄は前から4列目くらいに。ボ…ボチボチじゃなかったんスか?

TOKYOエンデューロ2015 in彩湖
リザルト
男子38位/455チーム
個人記録
第3走/51.32km 1時間26分34秒

チームオーダーは速くて上手い兄が第1走で粘る、繋ぐのを頑張る次兄、トリは負け戦の処理担当に自分という前と同じ感じになりました。

兄はボチボチどころか開始1時間以上、先頭集団に居て16位くらいまで行ってました。
「先頭集団は意外とマッタリしていて長いこと集団が大きかった」とか言ってましてが平均39km/hとかでマッタリとか言われても…

しかし脚が完全につってしまったらしくそのブレーキが掛かって遅れて、次兄にリレー。

次兄の引き継ぎから30分後くらいに家族とカーボンホイールがやってきました。
天候も良さげと言うことで、大至急ホイール交換。
あ!ブレーキシュー交換しないと!
あ!ディレイラーの具合も調整しないと!
あ…この仕様で走ったこと一回もないや…
あ…お腹痛い…

2015-03-14-22-08-16

恐ろしいカツカツな状況。

しかしその割に去年より不備なくリレーできました。去年はスピードセンサー作動しなかったりして酷かったのですが。

どうやら42位くらいまで下がっていたようで、まあまあ気楽にスタート。

「さて1周目は脚を温めつつほどよい集団を探すかね」とコースに出たらいきなり良い具合の集団に遭遇…
いきなりフルスロットルでいきなり180越えの面白い心拍数ですよ(´Д` )
そのまま集団を渡り歩いて千切られて、と落ち着かず1時間弱。
8周目あたりでこりゃ持たなくなりそうとヘタレたところで運良く(?)大渋滞発生でペースダウン。
何とか持ち直すもバテた体力が戻る訳ではなく、何とか走りきるのみでゴール…
結果は4つ順位を上げて38位。

タイム的には兄に勝てたわけではないですが自己ベストは更新です。
11周で平均35km/h超えもなかなかのもんです。昨年は33km/hでしたし(´Д` )
しかし、なかなか深刻な課題も見つかりました。

直線は割とブリッジも上手くできて集団につけますがコーナリングが全然できていません。
必ずコーナリングで差が開いて追いつくのに脚を使ってしまうというザマです。

言うなれば慣らしも終わってないような新車に新ホイールという要因もあるでしょうが、ローラーばかりで実走が乏しいのが一番の原因ではと思います。
もう一点はフォームだめすぎ(´Д` )
背中にラクダのこぶは要らんですが肩付近でかなり反ってしまってます。上体を安定して前傾させられない感じです。
コーナリング、フォーム、いずれも、もっと外を走って積み重ねるべきなんですがこれがなかなか難しいのです。

今のリドレーヘリウムなう

2015-03-14-14-13-12

かっこいいw
これで6.9kgだそうです。

漕ぎ出しが胡散臭いくらい軽くて反応も良いですが、まだまだ乗りこなせてない感じが強かったです。
アンカーはこんな感じがなかったんですが、アンカーは素直だったということですかね。

もうしばらく乗ったらかなり楽しくなりそう(^o^)

走りながら「レース後はどか食いするぞ!!」と思ってましたが、むしろこれからがヒルクライムシーズンなのに終わった気分でどうする!?と意識高い系ヒルクライマーになるべく、サラダタップリの鳥丼とウインナー。

流石意識高い、俺やるな、と思いきや夜は肉祭り。えらいジューシーな。
意識高い系ヒルクライマーは無理でした。

2015-03-14-18-55-22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA