第28回ツールド八ヶ岳参戦

当日受付のため早めに行かねば、と夜中3時起床でドタバタと出発。
現地のスタート地点近くのグラウンドに6時前に着き駐車しました。

2014-04-20-05-57-10

やはり夜逃げのようだ。

パンやら何やら食べて受付して一旦戻ってこようと思いましたが、あまりに寒いのでしばし待機で自転車やウェア、着替え荷物など完備の上受付へ。

しかし今の寒さ、上の方は雪も降っていたとか聞くとウェアに悩みます。
インナーは暖かいのにするとしてアウターは夏ジャージでいくか冬ジャージでいくか…

参加者の格好を観察し続けて結局、、、
・ウェア上:
冬用インナー
夏用ジャージ
・ウェア下:
ビブパンツ
レッグウォーマー
・その他:
ポケットに入るサイズの薄手のウインドブレーカー
冬用シューズカバー
メッシュキャップ
指無しグローブにインナーグローブ

などとなりました。スタート直前にウインドブレーカーは脱ぐ感じで。

結論から言うと正解でした。確かに待ち時間と上は寒かったですが、風がそこまで無かったので始まってしまえば暑いくらいです。気温は確かにやばい寒さですがそれを上回る熱量ですので。

冬用ジャージだったら走行中、暑すぎて不快だったかもしれません。

軽くアップがてらちょっと坂道を、と登って見ましたがいつまでも坂が続いて割としっかりヒルクライムしてしまう始末でした。何をやってるのやら(^_^;)

2014-04-20-08-39-43

この無骨なノボリが歴史と伝統を感じさせます(?)
そんな事してる間に整列が始まっていたので中盤やや前に陣取り、某監督の面白スピーチを聞きながらスタートを待ちます。

結果:
1時間28分52秒
男子C(31歳~35歳)42位/99(総合299位/956)

初っ端は前の景気良い集団の後ろにいましたが程なく離脱。これが現実…
で、細切れなトレインや追走を繰り返して序盤は良いペース。

しかし中盤、割と良い勾配もあってか疲れてきて、ハーフコースを前にヘタレそうに。
今回は長丁場、いったん控えめに…とペースダウン。

目の前にはハーフコースのゴール。
そのままペースは上がらないのであった。おしまい。

いや、まだ中盤でしたね。
ハーフのゴールから上に行くと霧が凄い状態で斜度がいまいち良く分からなく、情報で聞いていた後半キツイ坂だらけ、と言うのも何だか実感できず。
ただ足が動いてなかったのでキツイ坂だったんだろうな、とか改めて今は思うというレベル。
気持ち的には榛名山の激坂をイメージしていたので「いつ来るのかな、激坂」と思っていたら終盤でした。
23kmあたりで、
「良い加減この先激坂で長いのはなさそうだよなあ、でも後2km、走り切れるようもうちょい温存しよう」
と思っていたら沿道の声援で「あと1km~!!」と。

あれ?短くね??

急いでペースアップするも時遅し。むしろ残り1kmどころか残り700mくらいだったので予想より早くゴールが…
最後は隣の人にスプリント仕掛けられましたが、当然余力があったので「これはいけるわw」と思うも前を走る人がへたれて沈んできて引っ掛かってしまって終了。

2014-04-20-11-05-37

上の方はこんな感じにがっつり積雪。途中グローブの手首付近が凍ってましたし。寒い訳です。
会場?でパイオニアのパワメ試させてもらったり味噌汁すすっておにぎり食べたりしていたら雨がちらついて来たので早々に下山しました。
パイオニアの奴は思いのほか良かったですね。欲しいけどやはり敷居が高いです。

しかし何と言うか、不完全燃焼な内容でした(´Д` )
途切れ途切れでヘタレてしまうし。スタミナ不足が深刻です。
とりあえず昨年、朝練で頻繁に山登りしていて脂が乗っていたはずの兄よりタイムが速かったので良しとしたいと思います。せめてもの慰みですね。

次は榛名山。目標は志低く60分切りあたりですね。

で、富士HC。シルバーを狙いたいですが今回の八ヶ岳の結果から考えると微妙か…
また一年間、乗車中下を向くと銅色のコラムスペーサーが光る、というのはやだなあ。

そんな訳で、どちらかというと富士をメインにしたいのですが、いまだ4合目が崩落したままらしいじゃないすか。大丈夫なんですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.